打撃力アピールのDeNAロマックは性格とヤル気も“超A級”

公開日: 更新日:

「日本の野球に100%、慣れてはいないけど、今は新人選手のような気持ちでやっているよ」

 笑顔でこう語るのはDeNAの新助っ人・ロマック(30=ダイヤモンドバックス)。

 21日、韓国ネクセンとの練習試合に5番右翼でスタメン出場。適時打を放つなど、存在感をアピールした。

 昨年まで在籍したバルディリスに代わる三塁手として期待を寄せられているロマックだが、三塁守備では捕球、送球でおぼつかない部分を見せていることもあり、チーム内では「大丈夫なの?」と不安視する声も上がっている。が、本人は日本で成功するために、一から野球を学び直そうという意思がある。あるコーチは、「聞く耳は持っている。本人から『気になることがあれば何でも指摘してくれ』と言ってきたくらい。打撃、守備、走塁、すべてにおいてアドバイスを受け入れようという姿勢は感じる」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る