74億円でハマスタ買収も…DeNA「健全経営」までは茨の道

公開日: 更新日:

「(ファンから)最大の補強という声を頂いた」

 21日、DeNAがTOB(株式公開買い付け)により本拠地・横浜スタジアムの運営会社である「株式会社横浜スタジアム」を連結子会社にしたと発表した。

 株の売却に難色を示した一部大株主、個人株主もいたというが、総額74億2500万円をかけ、約71%の株式を取得。これでDeNAによる保有率は76.87%に達した。

 これにより、球場の取り分だった球場使用料、看板広告、飲食収入が実質的に球団の懐に入るだけでなく、コンサートなどのイベント収入も加われば、赤字続きだった球団経営が改善される。

 では、球団とハマスタの一体経営の実現によって、ファンに何が還元されるのか。

 球団は今後、数十億円規模の予算を見込んで、「ボールパーク化」を進めたいとしている。来年以降、メジャーの球場をモチーフにした球場改修を本格的に着手する方針で、まずは今年、大半が橙色で占める座席の一部の色をチームカラーと同じ青に変える。旧後楽園球場の「ジャンボスタンド」のような高くそびえ立つ二層式の内野席を増設するなど、席種を増やすことも検討しているというから、球場を訪れる楽しみは増えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る