• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

74億円でハマスタ買収も…DeNA「健全経営」までは茨の道

「(ファンから)最大の補強という声を頂いた」

 21日、DeNAがTOB(株式公開買い付け)により本拠地・横浜スタジアムの運営会社である「株式会社横浜スタジアム」を連結子会社にしたと発表した。

 株の売却に難色を示した一部大株主、個人株主もいたというが、総額74億2500万円をかけ、約71%の株式を取得。これでDeNAによる保有率は76.87%に達した。

 これにより、球場の取り分だった球場使用料、看板広告、飲食収入が実質的に球団の懐に入るだけでなく、コンサートなどのイベント収入も加われば、赤字続きだった球団経営が改善される。

 では、球団とハマスタの一体経営の実現によって、ファンに何が還元されるのか。

 球団は今後、数十億円規模の予算を見込んで、「ボールパーク化」を進めたいとしている。来年以降、メジャーの球場をモチーフにした球場改修を本格的に着手する方針で、まずは今年、大半が橙色で占める座席の一部の色をチームカラーと同じ青に変える。旧後楽園球場の「ジャンボスタンド」のような高くそびえ立つ二層式の内野席を増設するなど、席種を増やすことも検討しているというから、球場を訪れる楽しみは増えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る