74億円でハマスタ買収も…DeNA「健全経営」までは茨の道

公開日:  更新日:

「(ファンから)最大の補強という声を頂いた」

 21日、DeNAがTOB(株式公開買い付け)により本拠地・横浜スタジアムの運営会社である「株式会社横浜スタジアム」を連結子会社にしたと発表した。

 株の売却に難色を示した一部大株主、個人株主もいたというが、総額74億2500万円をかけ、約71%の株式を取得。これでDeNAによる保有率は76.87%に達した。

 これにより、球場の取り分だった球場使用料、看板広告、飲食収入が実質的に球団の懐に入るだけでなく、コンサートなどのイベント収入も加われば、赤字続きだった球団経営が改善される。

 では、球団とハマスタの一体経営の実現によって、ファンに何が還元されるのか。

 球団は今後、数十億円規模の予算を見込んで、「ボールパーク化」を進めたいとしている。来年以降、メジャーの球場をモチーフにした球場改修を本格的に着手する方針で、まずは今年、大半が橙色で占める座席の一部の色をチームカラーと同じ青に変える。旧後楽園球場の「ジャンボスタンド」のような高くそびえ立つ二層式の内野席を増設するなど、席種を増やすことも検討しているというから、球場を訪れる楽しみは増えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る