松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

審判もファンもお平らにお平らに

公開日:  更新日:

 選手のケガ防止のため、本塁クロスプレーのルールが変わった。

 捕手はボールを保持してないのに走者の走路をふさぐブロックが禁止になり、ホームを空けない捕手のブロックは走塁妨害となり得点が認められる。走者はライン上で走路をふさぐ捕手に対してはタックルすることはできるが、ライン上にいない捕手にタックルをすることは禁止。もし故意のタックルを行えば守備妨害でアウトとなり、悪質な場合は退場、罰金処分も下される。

 当然本塁突入すればセーフとなるケースも増えるだろう。審判も「ここはセーフと言った方がブナンかも」と保身に走る。アウトのタイミングでセーフと言われ、サヨナラ負けした相手監督は猛抗議して試合時間もダラダラ延びるかもしれん。それを見越して本塁のクロスプレーにもビデオ判定が導入されるらしい。

「ケッ、やってられるかい。いくらジャッジしたって、結局はビデオが決めるんだろ。いっそ審判じゃなくて審判ロボットでも置きゃいいんだバ~ロイ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る