• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

審判もファンもお平らにお平らに

 選手のケガ防止のため、本塁クロスプレーのルールが変わった。

 捕手はボールを保持してないのに走者の走路をふさぐブロックが禁止になり、ホームを空けない捕手のブロックは走塁妨害となり得点が認められる。走者はライン上で走路をふさぐ捕手に対してはタックルすることはできるが、ライン上にいない捕手にタックルをすることは禁止。もし故意のタックルを行えば守備妨害でアウトとなり、悪質な場合は退場、罰金処分も下される。

 当然本塁突入すればセーフとなるケースも増えるだろう。審判も「ここはセーフと言った方がブナンかも」と保身に走る。アウトのタイミングでセーフと言われ、サヨナラ負けした相手監督は猛抗議して試合時間もダラダラ延びるかもしれん。それを見越して本塁のクロスプレーにもビデオ判定が導入されるらしい。

「ケッ、やってられるかい。いくらジャッジしたって、結局はビデオが決めるんだろ。いっそ審判じゃなくて審判ロボットでも置きゃいいんだバ~ロイ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る