松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

名誉職だらけの尻軽野郎の名刺は破り捨ててやる

公開日:  更新日:

 前巨人監督・原辰徳が12日、客員教授を務める国際武道大学で「スポーツ戦略論2」という特別講義を行ったんだそうだ。ぶどう大学と聞いて山梨あたりでワインの作り方を教える大学かと思ったら、千葉で武道を教える大学だト。

 毎年講義をしているらしい。何を講義したか知らんが「時間ができたのでラグビーを見に行った」だの「歌舞伎を見に行った」だの。なにしろ客員教授、センセイだぞ。ありがたいことではないか。

 たくさん肩書を持ちたがるやつにゃヨダレモノ「客員教授」。すごいねえ。たまにおるわな。政治経済評論家にして外交防衛評論家にして作家にして○○協会名誉顧問にして日本うんじゃら連盟理事にしてクソミソ大学客員教授……。たくさん肩書があるってことは、どれも本業じゃないってことだ尻軽野郎め。裏側まで肩書を書き込んでるようなやつの名刺は破り捨てることにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る