松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

名誉職だらけの尻軽野郎の名刺は破り捨ててやる

公開日:  更新日:

 前巨人監督・原辰徳が12日、客員教授を務める国際武道大学で「スポーツ戦略論2」という特別講義を行ったんだそうだ。ぶどう大学と聞いて山梨あたりでワインの作り方を教える大学かと思ったら、千葉で武道を教える大学だト。

 毎年講義をしているらしい。何を講義したか知らんが「時間ができたのでラグビーを見に行った」だの「歌舞伎を見に行った」だの。なにしろ客員教授、センセイだぞ。ありがたいことではないか。

 たくさん肩書を持ちたがるやつにゃヨダレモノ「客員教授」。すごいねえ。たまにおるわな。政治経済評論家にして外交防衛評論家にして作家にして○○協会名誉顧問にして日本うんじゃら連盟理事にしてクソミソ大学客員教授……。たくさん肩書があるってことは、どれも本業じゃないってことだ尻軽野郎め。裏側まで肩書を書き込んでるようなやつの名刺は破り捨てることにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る