松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

U-23決勝の日韓戦 国威発揚が当たり前の「代理戦争」だけはごめんだ

公開日:  更新日:

「永遠のライバル」にしちゃドーハのスタジアムは観客もまばら、大騒ぎしているのは本国から駆け付けた応援団が「和製オレオレ」と「テーハミンゴッ、どどんがどん」と火花を散らすのを中継で眺めつつ、なんだかなあ……極東の海峡を挟んだ隣国同士が、サッカーと関連付けて「慰安婦のおばあさんのために勝つ!」とか、「まだ言うかおまえら!」とか海峡を挟んで力み返って、気がつきゃテレビを見ているこちら側も「今のはきたねえだろ!」だの「なにやってんだ日本人!」だの引きずり込まれて、まるで憎悪を増幅し合う代理戦争に加担しているようないや~な気分になったぞ。

 どうもサッカーは国同士の怨念が出る競技だ。イングランドとアルゼンチンはいまだにフォークランド紛争を引きずっているという。

 こいつらにだけは負けたくない意識が野球まで伝播して、完勝の試合を素人でも分かるような采配ミスで落としたプレミア12の後、負けてたらただじゃ済まなかったろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る