• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

地元ファンの本音は「ち~ったぁ年寄ったバッテン、なんでんなかッ!」

 佐渡ケ嶽部屋らしい。万年クンロク大関だったのに突然大化けした横綱琴桜を思い出す。

 九州の地元、柳川じゃ大騒ぎ。「苦しカときもですね、みんなでですね、いつか優勝してくれてですね、故郷にですね、錦ば飾ってくるるとですね、思うてですね。一所懸命ですね、応援しとったトです」。九州弁で丁寧にものを言うときの特徴は、言葉の1節ごとに「ですね」が入る。

 九州出身の私としてもですね、長いこと待たされチですね、日本出身の力士がですね、優勝でけたことはですね、こげなうれしかこつはなかトです。

 優勝インタビューは「おかげさま」という言葉が多かった。ファンのおかげという声は白鵬から何度も聞いているが、如才なく言っておこう、自分が強いから勝ったんだという強烈な自負が垣間見えたもんだ。

 琴奨菊からは初めて「毎日のトレーニングとルーティンに付き合ってくれた若い衆のおかげさま」という言葉を聞いた。伝統角力にも「トレーニングとルーティン」という横文字が染み付いていたとは。九州の地元で地道なファンに支えられた苦労人は「おかげさま」と「ルーティン」の世界。へ~、しっかり和洋折衷しとるんだねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る