• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

メダルは無理でも福士加代子を応援してやろうぜ

「これでリオ決定だべ~!」と叫んだ福士加代子が、リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表じゃなくて、まだ候補に過ぎないと陸連は言っている。オリンピックイヤーに、代表選考レースだというから出場して、五輪派遣設定記録を大幅に上回って文句なく優勝したのにだ。

 オレぁ福士加代子のあのあっけらかんとした物言いと性格を贔屓にしている。彼女が陸上弱小県、青森出身ということもある。青森出身で活躍した陸上選手は福士をおいて知らん。都道府県対抗駅伝で青森県は下位に甘んじて、ため息も出ない。数年前、福士加代子が「ふるさと選手」として青森のタスキを掛けて走って、有力県をごぼう抜きにしたことは誉れであろう。

 青森の誇りは相撲の高見盛、若の里、安美錦ばかりではない。福士加代子も青森の熱烈な後押しがある。

 すまん、ないかもしれん。代表決定と思われた先日の大阪国際女子マラソン。郷土の誇りがオリンピックのマラソン派遣設定記録を破った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る