• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

メダルは無理でも福士加代子を応援してやろうぜ

「これでリオ決定だべ~!」と叫んだ福士加代子が、リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表じゃなくて、まだ候補に過ぎないと陸連は言っている。オリンピックイヤーに、代表選考レースだというから出場して、五輪派遣設定記録を大幅に上回って文句なく優勝したのにだ。

 オレぁ福士加代子のあのあっけらかんとした物言いと性格を贔屓にしている。彼女が陸上弱小県、青森出身ということもある。青森出身で活躍した陸上選手は福士をおいて知らん。都道府県対抗駅伝で青森県は下位に甘んじて、ため息も出ない。数年前、福士加代子が「ふるさと選手」として青森のタスキを掛けて走って、有力県をごぼう抜きにしたことは誉れであろう。

 青森の誇りは相撲の高見盛、若の里、安美錦ばかりではない。福士加代子も青森の熱烈な後押しがある。

 すまん、ないかもしれん。代表決定と思われた先日の大阪国際女子マラソン。郷土の誇りがオリンピックのマラソン派遣設定記録を破った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る