松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

メダルは無理でも福士加代子を応援してやろうぜ

公開日:  更新日:

「これでリオ決定だべ~!」と叫んだ福士加代子が、リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表じゃなくて、まだ候補に過ぎないと陸連は言っている。オリンピックイヤーに、代表選考レースだというから出場して、五輪派遣設定記録を大幅に上回って文句なく優勝したのにだ。

 オレぁ福士加代子のあのあっけらかんとした物言いと性格を贔屓にしている。彼女が陸上弱小県、青森出身ということもある。青森出身で活躍した陸上選手は福士をおいて知らん。都道府県対抗駅伝で青森県は下位に甘んじて、ため息も出ない。数年前、福士加代子が「ふるさと選手」として青森のタスキを掛けて走って、有力県をごぼう抜きにしたことは誉れであろう。

 青森の誇りは相撲の高見盛、若の里、安美錦ばかりではない。福士加代子も青森の熱烈な後押しがある。

 すまん、ないかもしれん。代表決定と思われた先日の大阪国際女子マラソン。郷土の誇りがオリンピックのマラソン派遣設定記録を破った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る