松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

メダルは無理でも福士加代子を応援してやろうぜ

公開日:  更新日:

「これでリオ決定だべ~!」と叫んだ福士加代子が、リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表じゃなくて、まだ候補に過ぎないと陸連は言っている。オリンピックイヤーに、代表選考レースだというから出場して、五輪派遣設定記録を大幅に上回って文句なく優勝したのにだ。

 オレぁ福士加代子のあのあっけらかんとした物言いと性格を贔屓にしている。彼女が陸上弱小県、青森出身ということもある。青森出身で活躍した陸上選手は福士をおいて知らん。都道府県対抗駅伝で青森県は下位に甘んじて、ため息も出ない。数年前、福士加代子が「ふるさと選手」として青森のタスキを掛けて走って、有力県をごぼう抜きにしたことは誉れであろう。

 青森の誇りは相撲の高見盛、若の里、安美錦ばかりではない。福士加代子も青森の熱烈な後押しがある。

 すまん、ないかもしれん。代表決定と思われた先日の大阪国際女子マラソン。郷土の誇りがオリンピックのマラソン派遣設定記録を破った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る