• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エース金子がOP戦好調も…オリ「鬼門で開幕」に不安の声

 昨年はソフトバンクの対抗馬と目されながら5位に沈没。計30億円の資金をつぎ込んで獲得した中島、ブランコ、小谷野らの新戦力が故障などで働かず、宮内オーナーを怒らせた。

「今年は、守備の要・正遊撃手の安達が潰瘍性大腸炎の難病で離脱したのは痛いものの、中島と小谷野が元気だし、投打にタレントは揃っている。なにより昨年7勝6敗、防御率3・19と不振をかこったエースの金子が例年になくハイペースで調整した。オープン戦も絶好調。酒井投手コーチは『投手タイトルのすべてに絡める』とまで言っています。これは大きなプラス材料です」

 と、チーム関係者は言うのだが、昨年総崩れだった佐藤達、平野、岸田のリリーフ陣はここ数年で60試合前後の登板を続けている勤続疲労が顕著で不透明。開幕ローテは5人全員が右腕で懸念材料だった左腕不足を解消できず、主力と控えの力の差という課題も埋められなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る