• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中島だけじゃない 巨額補強費ムダにしたオリ球団に責任は

 16日に契約更改したオリックスの中島裕之(33)。来季が3年契約の2年目なので現状維持の3億5000万円で判を押したが、今季は10本塁打、46打点、打率.240。守備難もあり、むしろチームの足を引っ張り続けた。

「思うようにできなかった。来年はチームの勝利に貢献したい」と話した中島だが、オリックスの不良債権は彼1人ではない。

 昨季4年20億円の契約を結んだ金子は、ケガで2度離脱し7勝6敗。それでも現状維持の年俸5億円だった。ブランコは開幕2カード目に左ヒザを故障し、52試合で9本塁打、24打点、打率.194。来季まで2年5億円の契約が残っている。

 総額30億円以上の補強も、カネをドブに捨てただけ。フツーならば責任者であるフロントは処分されてしかるべきだが、そうした気配はない。これで「無罪放免」というのでは、怒りを通り越して呆れるばかり。今からでも遅くない。バカげた補強を行ったフロントの責任は追及されてしかるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る