中島だけじゃない 巨額補強費ムダにしたオリ球団に責任は

公開日: 更新日:

 16日に契約更改したオリックスの中島裕之(33)。来季が3年契約の2年目なので現状維持の3億5000万円で判を押したが、今季は10本塁打、46打点、打率.240。守備難もあり、むしろチームの足を引っ張り続けた。

「思うようにできなかった。来年はチームの勝利に貢献したい」と話した中島だが、オリックスの不良債権は彼1人ではない。

 昨季4年20億円の契約を結んだ金子は、ケガで2度離脱し7勝6敗。それでも現状維持の年俸5億円だった。ブランコは開幕2カード目に左ヒザを故障し、52試合で9本塁打、24打点、打率.194。来季まで2年5億円の契約が残っている。

 総額30億円以上の補強も、カネをドブに捨てただけ。フツーならば責任者であるフロントは処分されてしかるべきだが、そうした気配はない。これで「無罪放免」というのでは、怒りを通り越して呆れるばかり。今からでも遅くない。バカげた補強を行ったフロントの責任は追及されてしかるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  8. 8

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

もっと見る