中島だけじゃない 巨額補強費ムダにしたオリ球団に責任は

公開日: 更新日:

 16日に契約更改したオリックスの中島裕之(33)。来季が3年契約の2年目なので現状維持の3億5000万円で判を押したが、今季は10本塁打、46打点、打率.240。守備難もあり、むしろチームの足を引っ張り続けた。

「思うようにできなかった。来年はチームの勝利に貢献したい」と話した中島だが、オリックスの不良債権は彼1人ではない。

 昨季4年20億円の契約を結んだ金子は、ケガで2度離脱し7勝6敗。それでも現状維持の年俸5億円だった。ブランコは開幕2カード目に左ヒザを故障し、52試合で9本塁打、24打点、打率.194。来季まで2年5億円の契約が残っている。

 総額30億円以上の補強も、カネをドブに捨てただけ。フツーならば責任者であるフロントは処分されてしかるべきだが、そうした気配はない。これで「無罪放免」というのでは、怒りを通り越して呆れるばかり。今からでも遅くない。バカげた補強を行ったフロントの責任は追及されてしかるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る