自由契約直訴しオリ退団 ヤクルト坂口語る新天地での胸中

公開日: 更新日:

 ヤクルト坂口智隆(31)は昨オフ、年俸7500万円から減額制限(25%)を大きく超える提示を受け、自由契約を直訴。近鉄時代から含めて13年間在籍したオリックスを退団した。11年に最多安打のタイトルも獲得したリードオフマンはヤクルトに新天地を求めた。2月13日、初の対外試合となったDeNAとの練習試合で猛打賞をマークすると、28日の巨人戦でも1安打を放ち好調を維持している。中堅のレギュラー獲得に向けてアピールを続ける本人に話を聞いた。

――昨年は自ら自由契約を選択しました。実績もありながら、昨季は5月に二軍降格してから一度も一軍登録はなかった。「事実上の戦力外扱い」という話もあった。悔しい思いをした1年間だったのでは?

「実績だけじゃ野球はできません。試合で結果を出してレギュラーと言われると思う。そこはしっかり野球がうまくなるように、いつ呼ばれてもパフォーマンスができるようにと。だから試合に出られないからどうのこうのというのは、全くありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る