肩違和感で緊急降板のオリ金子にブーイング起こらないワケ

公開日: 更新日:

 残留したのも納得だ。

 1日の楽天戦に先発したオリックスのエース、金子千尋(31)が四回途中に右肩違和感で緊急降板した。7月には首の違和感で降板しており、アクシデントは2回目。今季はオフに行った右ヒジ手術の影響で初登板が5月と出遅れただけに、チームに迷惑をかけっぱなしだ。

 金子は昨オフ、FA宣言で阪神と古巣を天びんにかけたが、残留は大正解だろう。仮に阪神で同じ体たらくとなれば、ファンからブーイングの嵐。当初ほのめかしていたようにポスティングでメジャーに行こうものなら、メディアからも袋叩きにされる。

 話題性と人気で劣るオリックスならば、ケガだろうが何だろうが非難は最少限。金子は「賢い」選択をしたということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る