• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去に“球速詐欺”も オリ新助っ人右腕「166キロ」は本物か

 本当だとすれば、「日本最速」に躍り出るが……。

 26日、オリックスの新助っ人3人が入団会見。抑え候補のコーディエ(29・前マーリンズ)、4番候補の外野手ボグセビック(31・前フィリーズ)、守備達者の内野手モレル(28・元パイレーツ)らが球団事務所で抱負を述べた。

 中でも注目は右腕のコーディエ。3Aでは103マイル(165.7キロ)を出したこともあるという。日本ではクルーン(元巨人)や日本ハムの大谷が球宴で投げた162キロが最速だ。

 報道陣の質問には「自分は毎回球速を確かめているわけじゃない」と、さらり。それでも25日の来日時は「昨季も100マイル(161キロ)を何度か投げたよ」と話すなど、球速に自信があるのは間違いない。

 が、過去にも「オレは○○キロを投げる」と言いつつ、“球速詐欺”に終わった助っ人は山ほどいる。最近では06年から11年まで西武に在籍していたグラマンだ。来日前は常時150キロ超の直球という触れ込みだったが、先発させると140キロすら出ない。リリーフに配置転換して、ようやく常時140キロを出せるようになった。

 ちなみにオリックスの球団関係者は「166キロ? 出るわけないだろ」と呆れ顔。しかも、コーディエは制球力に難があるという。最速記録どころか、戦力になるかどうかも怪しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る