過去に“球速詐欺”も オリ新助っ人右腕「166キロ」は本物か

公開日: 更新日:

 本当だとすれば、「日本最速」に躍り出るが……。

 26日、オリックスの新助っ人3人が入団会見。抑え候補のコーディエ(29・前マーリンズ)、4番候補の外野手ボグセビック(31・前フィリーズ)、守備達者の内野手モレル(28・元パイレーツ)らが球団事務所で抱負を述べた。

 中でも注目は右腕のコーディエ。3Aでは103マイル(165.7キロ)を出したこともあるという。日本ではクルーン(元巨人)や日本ハムの大谷が球宴で投げた162キロが最速だ。

 報道陣の質問には「自分は毎回球速を確かめているわけじゃない」と、さらり。それでも25日の来日時は「昨季も100マイル(161キロ)を何度か投げたよ」と話すなど、球速に自信があるのは間違いない。

 が、過去にも「オレは○○キロを投げる」と言いつつ、“球速詐欺”に終わった助っ人は山ほどいる。最近では06年から11年まで西武に在籍していたグラマンだ。来日前は常時150キロ超の直球という触れ込みだったが、先発させると140キロすら出ない。リリーフに配置転換して、ようやく常時140キロを出せるようになった。

 ちなみにオリックスの球団関係者は「166キロ? 出るわけないだろ」と呆れ顔。しかも、コーディエは制球力に難があるという。最速記録どころか、戦力になるかどうかも怪しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る