有原も八回粘投無失点 日ハム“中継ぎ不安”はむしろ好材料

公開日: 更新日:

 先発が踏ん張って長いイニングを投げる以外にない――。開幕3連戦の戦い方を見て改めてそう感じさせたのが日本ハムだ。

 27日は2年目右腕の有原(23=写真)が八回まで6安打無失点に。九回は抑えの増井がピシャリと3人で抑え、開幕3戦目にようやく初白星を手にした。

 日本ハムはいま、中継ぎが手薄だ。昨年50試合に登板した宮西(30)は手術明け。61試合登板の谷元(31)はインフルエンザの影響で出遅れている。開幕2試合目は中継ぎの藤岡(31)と鍵谷(25)の両右腕が打ち込まれての逆転負け。アキレス腱が露呈した格好とはいえ、中継ぎ不安はむしろ朗報という見方がある。

 栗山監督はとにかく継投が早い。先発が序盤に2、3点失っただけで浮足立ち、ブルペンにリリーフの準備を催促することもあるという。

 しかし、今年はリリーフ陣が心もとないと最初から分かっている。嫌でも先発投手を辛抱せざるを得ない。腰を浮かせるタイミングも、少しは遅れるに違いない。それが結果として好結果を生むんじゃないかと、周囲はみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る