有原も八回粘投無失点 日ハム“中継ぎ不安”はむしろ好材料

公開日:  更新日:

 先発が踏ん張って長いイニングを投げる以外にない――。開幕3連戦の戦い方を見て改めてそう感じさせたのが日本ハムだ。

 27日は2年目右腕の有原(23=写真)が八回まで6安打無失点に。九回は抑えの増井がピシャリと3人で抑え、開幕3戦目にようやく初白星を手にした。

 日本ハムはいま、中継ぎが手薄だ。昨年50試合に登板した宮西(30)は手術明け。61試合登板の谷元(31)はインフルエンザの影響で出遅れている。開幕2試合目は中継ぎの藤岡(31)と鍵谷(25)の両右腕が打ち込まれての逆転負け。アキレス腱が露呈した格好とはいえ、中継ぎ不安はむしろ朗報という見方がある。

 栗山監督はとにかく継投が早い。先発が序盤に2、3点失っただけで浮足立ち、ブルペンにリリーフの準備を催促することもあるという。

 しかし、今年はリリーフ陣が心もとないと最初から分かっている。嫌でも先発投手を辛抱せざるを得ない。腰を浮かせるタイミングも、少しは遅れるに違いない。それが結果として好結果を生むんじゃないかと、周囲はみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る