• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季も開幕から全開 日ハム栗山采配にさらなる変化の兆し

 育成と勝利。若手を起用しながら、なおかつ勝利を追求するという難題に挑んでいるのが日本ハムだ。

 栗山監督は就任1年目の2012年、ダルが抜けた穴を若手のやりくりで埋めてチームをリーグ優勝に導いた。親会社やフロントの期待に応えた選手起用や采配はしかし、昨年あたりから徐々に変化し始めたという。

「これまで実績のない若手の起用に積極的だった栗山監督が、スタッフミーティングでも、自分が目指すのはとにかく勝つことの一点張り。それはそれで正しいのですが、使う選手は限られ、ただでさえ早い継投はますます早くなったと聞いています。5年目の今年は契約最終年。監督としての地位に恋々とするタイプではありませんけど、今年こその気持ちは例年以上に強い。そもそも捨て試合をつくるのはお客さんに失礼、143試合すべて勝ちにいくという考え方の人だけに開幕からフルスロットルでいくはずです」(日本ハムOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る