今季も開幕から全開 日ハム栗山采配にさらなる変化の兆し

公開日: 更新日:

 育成と勝利。若手を起用しながら、なおかつ勝利を追求するという難題に挑んでいるのが日本ハムだ。

 栗山監督は就任1年目の2012年、ダルが抜けた穴を若手のやりくりで埋めてチームをリーグ優勝に導いた。親会社やフロントの期待に応えた選手起用や采配はしかし、昨年あたりから徐々に変化し始めたという。

「これまで実績のない若手の起用に積極的だった栗山監督が、スタッフミーティングでも、自分が目指すのはとにかく勝つことの一点張り。それはそれで正しいのですが、使う選手は限られ、ただでさえ早い継投はますます早くなったと聞いています。5年目の今年は契約最終年。監督としての地位に恋々とするタイプではありませんけど、今年こその気持ちは例年以上に強い。そもそも捨て試合をつくるのはお客さんに失礼、143試合すべて勝ちにいくという考え方の人だけに開幕からフルスロットルでいくはずです」(日本ハムOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  8. 8

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    ウソウソウソ…恥を知らない“無敵の人”に監視される我々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る