開幕3失点敗戦の日ハム大谷に「ピークが早すぎた」の指摘

公開日: 更新日:

 昨季の最多勝同士の投げ合いは明暗を分けた。

 ロッテの涌井は7回4安打無失点で救援陣にバトンを渡した。対する日本ハム大谷は初回から大乱調だった。1番岡田への3球目がいきなり160キロを記録。スタンドを沸かせた直後の打球を自らのグラブに当てて内野安打にすると、犠打や暴投(記録はパスボール)で2死三塁のピンチ。ここで4番デスパイネに先制適時打を許し、続く角中に四球を与え、6番井上にも2点適時打を浴びて3失点。その後も変化球がまったく決まらず、ワンバウンド投球を繰り返す。二回以降は点を与えなかったが7回で降板。らしくないピッチングで開幕戦を2-3で落とした。

 今年の日ハムキャンプは、米国アリゾナでスタート。海外キャンプは、実に87年(米国フロリダ)以来のことだった。アリゾナに入った頃は10度以下だった気温はグングン上昇。練習最終日の2月15日には29度まで上がり、投手陣の調整は例年より早かった。沖縄での2次キャンプでは、ブルペンで捕手のミットから連日快音が聞かれ、オープン戦初登板となった3月2日の巨人戦(札幌)では自己最速の162キロをマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号