プロ入りも周囲の熱意で 広島新井2000安打に“人の縁”あり

公開日:  更新日:

 いつものように泥くさくバットを振った。広島の新井貴浩(39)が26日のヤクルト戦でレフト線に適時二塁打を放ち、史上47人目となる通算2000安打を達成した。

「丈夫な体に生んでくれた両親、そして、僕の場合はたくさんの人にお世話になり、支えられた。『おかげさま』です」

 感慨深げにこう言った新井。広島OBは「新井は人の縁に支えられてきた」と語る。

 快挙を達成した神宮が主戦場だった駒大時代、189センチ、95キロの大型内野手だった新井はプロがノーマークだった選手だ。

 当時の太田監督がその飛距離に惚れ込み、4年時は4番三塁で起用した。しかし肝心の打撃は大学通算2本塁打。投手だった高校時代に右肩を痛めた影響で、スローイングもままならなかった。スカウトの評価は「打撃は粗い。肩が弱い、スローイングが悪い」。当時の担当だった渡辺秀武スカウト(故人)も守備に不安を感じていた。太田監督は社会人の三菱重工入りを勧めることも検討していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る