• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ入りも周囲の熱意で 広島新井2000安打に“人の縁”あり

 いつものように泥くさくバットを振った。広島の新井貴浩(39)が26日のヤクルト戦でレフト線に適時二塁打を放ち、史上47人目となる通算2000安打を達成した。

「丈夫な体に生んでくれた両親、そして、僕の場合はたくさんの人にお世話になり、支えられた。『おかげさま』です」

 感慨深げにこう言った新井。広島OBは「新井は人の縁に支えられてきた」と語る。

 快挙を達成した神宮が主戦場だった駒大時代、189センチ、95キロの大型内野手だった新井はプロがノーマークだった選手だ。

 当時の太田監督がその飛距離に惚れ込み、4年時は4番三塁で起用した。しかし肝心の打撃は大学通算2本塁打。投手だった高校時代に右肩を痛めた影響で、スローイングもままならなかった。スカウトの評価は「打撃は粗い。肩が弱い、スローイングが悪い」。当時の担当だった渡辺秀武スカウト(故人)も守備に不安を感じていた。太田監督は社会人の三菱重工入りを勧めることも検討していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る