プロ入りも周囲の熱意で 広島新井2000安打に“人の縁”あり

公開日:  更新日:

 いつものように泥くさくバットを振った。広島の新井貴浩(39)が26日のヤクルト戦でレフト線に適時二塁打を放ち、史上47人目となる通算2000安打を達成した。

「丈夫な体に生んでくれた両親、そして、僕の場合はたくさんの人にお世話になり、支えられた。『おかげさま』です」

 感慨深げにこう言った新井。広島OBは「新井は人の縁に支えられてきた」と語る。

 快挙を達成した神宮が主戦場だった駒大時代、189センチ、95キロの大型内野手だった新井はプロがノーマークだった選手だ。

 当時の太田監督がその飛距離に惚れ込み、4年時は4番三塁で起用した。しかし肝心の打撃は大学通算2本塁打。投手だった高校時代に右肩を痛めた影響で、スローイングもままならなかった。スカウトの評価は「打撃は粗い。肩が弱い、スローイングが悪い」。当時の担当だった渡辺秀武スカウト(故人)も守備に不安を感じていた。太田監督は社会人の三菱重工入りを勧めることも検討していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る