プロ17年目でやっと王手 広島・新井2000安打が遅れたワケ

公開日: 更新日:

 もっと早く達成できたはずである。

 広島の新井貴浩(39)が、24日の阪神戦で通算2000安打に王手をかけた。四回に一、二塁間を破るヒットを放ち、九回はライナー性の打球をレフトへ運ぶタイムリーだった。

「今日、ここ(本拠地)で達成することを期待してくれていたファンに申し訳ないけど、またあさって」と言った新井。最近はセンターから右方向へのヒットがやたら目立つ。直近3カードを見ても、8安打中5本がそうだ。新井の打撃といえば、ガチガチに力んだ構えからレフト方向へ強引に引っ張るのがお決まりだった。いわゆる、ライトへおっつけるバッティングはめったに見られなかった。

 だからだろう。05年本塁打王(43本)、11年には打点王(93点)になっているが、プロ17年で打率3割以上はたったの3回。リーグ最多併殺は3度(昨年まで通算219)ある。常にフェンス越えなど狙わずに、せめて外角は右中間方向へ素直にはじき返す打撃を心がけていれば、2000安打はもっと早くに打つことができただろう。100打点超えも3度あるのだから、打点王のタイトルだって1度ということはなかったはずだ。

 ちなみに、新井が打撃の師と仰ぐ阪神・金本監督の2000安打達成も17年目だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る