• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ17年目でやっと王手 広島・新井2000安打が遅れたワケ

 もっと早く達成できたはずである。

 広島の新井貴浩(39)が、24日の阪神戦で通算2000安打に王手をかけた。四回に一、二塁間を破るヒットを放ち、九回はライナー性の打球をレフトへ運ぶタイムリーだった。

「今日、ここ(本拠地)で達成することを期待してくれていたファンに申し訳ないけど、またあさって」と言った新井。最近はセンターから右方向へのヒットがやたら目立つ。直近3カードを見ても、8安打中5本がそうだ。新井の打撃といえば、ガチガチに力んだ構えからレフト方向へ強引に引っ張るのがお決まりだった。いわゆる、ライトへおっつけるバッティングはめったに見られなかった。

 だからだろう。05年本塁打王(43本)、11年には打点王(93点)になっているが、プロ17年で打率3割以上はたったの3回。リーグ最多併殺は3度(昨年まで通算219)ある。常にフェンス越えなど狙わずに、せめて外角は右中間方向へ素直にはじき返す打撃を心がけていれば、2000安打はもっと早くに打つことができただろう。100打点超えも3度あるのだから、打点王のタイトルだって1度ということはなかったはずだ。

 ちなみに、新井が打撃の師と仰ぐ阪神・金本監督の2000安打達成も17年目だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る