• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退か現役続行か…広島・黒田が決断できない本当の理由

 現役続行するべきか、せざるべきか。さながらハムレットの気分ではないか。

 来季の去就をいまだ決めかねている広島の黒田博樹(40)。11月30日には松原徹選手会事務局長(享年58)を偲ぶ会に出席し、報道陣に「今年は最高のモチベーションで(米国から)帰ってきた。燃え尽きたという気持ちが強い。心技体で体を動かすのも心。今年を超えるモチベーションを探さないと……」と、悩める心境を吐露している。

 今季は年俸21億円ともいわれるメジャーからのオファーを蹴って、年俸4億円で広島に復帰。ファンからは「男気」と称えられ、11勝8敗、防御率2.55と奮闘したが、チームは0.5ゲーム差の4位。僅差でCSに出場できなかった。「今年が最後の年」と己を奮い立たせていただけに、来季へのモチベーションが薄れたとしても無理はない。


 広島OBは「気持ちの面も大きいだろうが」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事