やはり英語に難…豪レッズ五郎丸は先発どころか“戦力外”

公開日: 更新日:

 今季から南半球最高峰リーグの「スーパーラグビー」(SR)に参戦している豪州・レッズの五郎丸歩(30=ヤマハ発動機)が、ついに登録メンバーからも外れた。

 日本時間5日、オコナー共同監督代行がブリスベンで取材に応じ、「もう少しバランスが必要だと思った。彼はチーム第一だということを理解している」と話し、6日のクルセーダーズ戦の登録選手23人から外したことを明らかにしたのだ。

 昨年のW杯での快進撃で一躍、日本ラグビーの「顔」となった五郎丸だが、スーパーラグビーのレッズではここまで9戦を終え、先発出場したのは第2戦のフォース戦のみ。以降は控えスタートが続き、前節のチーターズ戦では出場機会すら与えられなかった。

 技術的、肉体的な課題に加え、チーム内では英語力も問題視されているという。フルバック(FB)の名称の通り、最後尾に位置してバックスを統率する五郎丸のポジションは、選手の位置取りや陣形の指示もしなければならない。英語力に不安のある五郎丸は肝心のコミュニケーション能力に問題あり、と判断されているというのだ。

 これは致命傷。日本では、テレビをつければ五郎丸の爽やかな笑顔がCMを通してやたらと目に入ってくるが、本業での存在感は徐々に薄れつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る