やはり英語に難…豪レッズ五郎丸は先発どころか“戦力外”

公開日:  更新日:

 今季から南半球最高峰リーグの「スーパーラグビー」(SR)に参戦している豪州・レッズの五郎丸歩(30=ヤマハ発動機)が、ついに登録メンバーからも外れた。

 日本時間5日、オコナー共同監督代行がブリスベンで取材に応じ、「もう少しバランスが必要だと思った。彼はチーム第一だということを理解している」と話し、6日のクルセーダーズ戦の登録選手23人から外したことを明らかにしたのだ。

 昨年のW杯での快進撃で一躍、日本ラグビーの「顔」となった五郎丸だが、スーパーラグビーのレッズではここまで9戦を終え、先発出場したのは第2戦のフォース戦のみ。以降は控えスタートが続き、前節のチーターズ戦では出場機会すら与えられなかった。

 技術的、肉体的な課題に加え、チーム内では英語力も問題視されているという。フルバック(FB)の名称の通り、最後尾に位置してバックスを統率する五郎丸のポジションは、選手の位置取りや陣形の指示もしなければならない。英語力に不安のある五郎丸は肝心のコミュニケーション能力に問題あり、と判断されているというのだ。

 これは致命傷。日本では、テレビをつければ五郎丸の爽やかな笑顔がCMを通してやたらと目に入ってくるが、本業での存在感は徐々に薄れつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る