開幕から低迷も SR「サンウルブズ」に今後“2勝”の可能性

公開日: 更新日:

 昨年のW杯に続き、日本のラグビーが歴史的勝利を挙げるかもしれない。今季から南半球最高リーグのスーパーラグビー(SR)に参戦しているサンウルブズのことだ。

 サンウルブズはここまでライオンズ、チーターズと南アフリカのチームに開幕から2連敗。豪州代表が名を連ねる19日のレベルズ(豪州)戦も苦戦が予想される。

 新規参入1年目の寄せ集めのチームは開幕前から苦戦も予想されたが、ここにきて風向きが変わってきた。強豪の南アや豪州にも弱小チームがあるからだ。

 まずは日本代表FB五郎丸歩が所属するクイーンズランド・レッズ。昨季15チーム中13位に終わったレッズは今季も開幕から3連敗。リチャード・グレアム・ヘッドコーチ(HC)も早々に解任された。12日終了時で豪州・ニュージーランドカンファレンス最下位の10位に沈んでいる。攻守とも決め手に欠け、負けても7点差以内の場合に与えられるボーナスポイント(BP)はわずか「1」にとどまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る