開幕から低迷も SR「サンウルブズ」に今後“2勝”の可能性

公開日:  更新日:

 昨年のW杯に続き、日本のラグビーが歴史的勝利を挙げるかもしれない。今季から南半球最高リーグのスーパーラグビー(SR)に参戦しているサンウルブズのことだ。

 サンウルブズはここまでライオンズ、チーターズと南アフリカのチームに開幕から2連敗。豪州代表が名を連ねる19日のレベルズ(豪州)戦も苦戦が予想される。

 新規参入1年目の寄せ集めのチームは開幕前から苦戦も予想されたが、ここにきて風向きが変わってきた。強豪の南アや豪州にも弱小チームがあるからだ。

 まずは日本代表FB五郎丸歩が所属するクイーンズランド・レッズ。昨季15チーム中13位に終わったレッズは今季も開幕から3連敗。リチャード・グレアム・ヘッドコーチ(HC)も早々に解任された。12日終了時で豪州・ニュージーランドカンファレンス最下位の10位に沈んでいる。攻守とも決め手に欠け、負けても7点差以内の場合に与えられるボーナスポイント(BP)はわずか「1」にとどまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る