SRサンウルブズ歴史的初勝利も 日本ラグビーW杯への課題

公開日: 更新日:

 スポーツマスコミによれば「歴史的初勝利」だという。

 23日、今季から南半球最高峰リーグの「スーパーラグビー」(SR)に参戦した日本の「サンウルブズ」がジャガーズ(アルゼンチン)を36-28で下し、開幕8戦目にして初勝利。同じ参入1年目で、開幕勝利以降6連敗中だった相手からリーグ初白星を挙げた。

 前節のチーターズ(南ア)戦ではSR史上ワースト2位タイの92失点で大敗。18チーム中断然の最下位に低迷していただけに、HOの堀江主将は「劇的な勝利を日本でできたことを誇りに思う。チームが一つになった」と手応えを口にした。

 日本代表のレベルアップを目的に最高峰リーグに参戦したが、自国開催となる19年W杯に向けた強化となると話は別だ。

 当初の構想では、19年W杯を見据えて若手、中堅主体で編成するはずだったチームは、準備期間が短かったこともあり、NO.8カーク、SOトゥシ・ピシらFW、BKとも主要ポジションは依然として外国人頼み。開幕時のメンバーで若手と言えるのは大学生の2人だけで、37歳のLO大野均らのベテランが主力として起用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る