SRサンウルブズ歴史的初勝利も 日本ラグビーW杯への課題

公開日: 更新日:

 スポーツマスコミによれば「歴史的初勝利」だという。

 23日、今季から南半球最高峰リーグの「スーパーラグビー」(SR)に参戦した日本の「サンウルブズ」がジャガーズ(アルゼンチン)を36-28で下し、開幕8戦目にして初勝利。同じ参入1年目で、開幕勝利以降6連敗中だった相手からリーグ初白星を挙げた。

 前節のチーターズ(南ア)戦ではSR史上ワースト2位タイの92失点で大敗。18チーム中断然の最下位に低迷していただけに、HOの堀江主将は「劇的な勝利を日本でできたことを誇りに思う。チームが一つになった」と手応えを口にした。

 日本代表のレベルアップを目的に最高峰リーグに参戦したが、自国開催となる19年W杯に向けた強化となると話は別だ。

 当初の構想では、19年W杯を見据えて若手、中堅主体で編成するはずだったチームは、準備期間が短かったこともあり、NO.8カーク、SOトゥシ・ピシらFW、BKとも主要ポジションは依然として外国人頼み。開幕時のメンバーで若手と言えるのは大学生の2人だけで、37歳のLO大野均らのベテランが主力として起用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る