日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファウルボールが急所直撃 オリオールズ捕手はどうなる?

 脂汗が出るほどのあの重い激痛は、男性にしか理解できない。それを改めて実感したのが、MLBオリオールズのケイレブ・ジョセフ捕手(29)だろう。

 30日(日本時間31日)のレッドソックス戦の八回、マスクをかぶっていたジョセフの股間をファウルボールが直撃して悶絶。その後、ジョセフは気丈にも立ち上がり、何とか試合終了まで仕事をまっとうしたが、試合後は病院へ直行すると、すぐに手術が必要だと判断された。

 翌31日に15日間のDL入り。オリオールズ番記者のツイッターによれば、ジョセフのケガは「testicular injury」という。直訳すれば「睾丸のケガ」だ。

 日本でもファウルボールが捕手の股間を襲うことは珍しくない。それにしても、手術に至るケースはまれだろう。手術が必要なケガとは何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事