• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーの薬物禍を暴露した元強打者ホセ・カンセコは今…

 引退後の2005年に筋肉増強剤の使用を告白、暴露本まで出して話題を呼んだのがホセ・カンセコ(50)だ。かつての同僚だったマグワイア、ジオンビー、イバン・ロドリゲスらを含め、メジャーリーガーの約85%が薬物を使っているという内容はセンセーショナルだった。

 現在は独立リーグのさまざまなチームでプレー、試合前の本塁打競争に出場したり、ときには投手をしたりしてファンサービスに努めている。ピッツバーグでの試合に特別出場した本人に薬物使用や日本人選手について聞いた。

――現役時代には日本人選手とも対戦していますが、何か印象はありますか。

「1986年に日米野球で日本に行ったけれど、たくさんいい選手がいたね。野茂と対戦したことも覚えているよ。彼がやって来た時はすごかったね。素晴らしい投手だったよ。ほかにも対戦したけれど、ずいぶん昔のことだからね。その後も日本からはイチローやたくさんの才能ある選手が来たね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る