メジャーの薬物禍を暴露した元強打者ホセ・カンセコは今…

公開日:  更新日:

 引退後の2005年に筋肉増強剤の使用を告白、暴露本まで出して話題を呼んだのがホセ・カンセコ(50)だ。かつての同僚だったマグワイア、ジオンビー、イバン・ロドリゲスらを含め、メジャーリーガーの約85%が薬物を使っているという内容はセンセーショナルだった。

 現在は独立リーグのさまざまなチームでプレー、試合前の本塁打競争に出場したり、ときには投手をしたりしてファンサービスに努めている。ピッツバーグでの試合に特別出場した本人に薬物使用や日本人選手について聞いた。

――現役時代には日本人選手とも対戦していますが、何か印象はありますか。

「1986年に日米野球で日本に行ったけれど、たくさんいい選手がいたね。野茂と対戦したことも覚えているよ。彼がやって来た時はすごかったね。素晴らしい投手だったよ。ほかにも対戦したけれど、ずいぶん昔のことだからね。その後も日本からはイチローやたくさんの才能ある選手が来たね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る