メジャーの薬物禍を暴露した元強打者ホセ・カンセコは今…

公開日: 更新日:

 引退後の2005年に筋肉増強剤の使用を告白、暴露本まで出して話題を呼んだのがホセ・カンセコ(50)だ。かつての同僚だったマグワイア、ジオンビー、イバン・ロドリゲスらを含め、メジャーリーガーの約85%が薬物を使っているという内容はセンセーショナルだった。

 現在は独立リーグのさまざまなチームでプレー、試合前の本塁打競争に出場したり、ときには投手をしたりしてファンサービスに努めている。ピッツバーグでの試合に特別出場した本人に薬物使用や日本人選手について聞いた。

――現役時代には日本人選手とも対戦していますが、何か印象はありますか。

「1986年に日米野球で日本に行ったけれど、たくさんいい選手がいたね。野茂と対戦したことも覚えているよ。彼がやって来た時はすごかったね。素晴らしい投手だったよ。ほかにも対戦したけれど、ずいぶん昔のことだからね。その後も日本からはイチローやたくさんの才能ある選手が来たね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る