2020年東京五輪は野球選手から禁止薬物違反が続出する?

公開日: 更新日:

 20年東京五輪で追加種目としての採用が有力視される野球に、世界反ドーピング機関(WADA)が重大な関心を寄せているという。

 言うまでもなく、選手から禁止薬物違反者が続出しかねないからだ。何しろ米国球界は薬物汚染がひどい。レギュラーシーズン中はメジャー、マイナーも含めてドーピング違反のニュースが絶えない。

 大リーグ機構(MLB)は米国反ドーピング機関から独立した検査機関を設けるなど、自前で対策を取っている。MLBの禁止薬物規定はWADAに準拠しており、検査は厳格なことで知られる半面、抜け道もあり、禁止物質の使用を隠蔽する薬物が開発されるなど、「イタチごっこ」の状態だ。

 仮に野球が東京五輪の追加種目に選定されても、MLBは現役メジャーリーガーを派遣しない方針を打ち出している。各国ともマイナーリーガー主体でチーム編成される見込みだ。中南米出身のマイナーリーガーには、ヤバい薬を使ってでもメジャーでの成功を夢見る選手がゴマンといる。五輪に出場すれば、メダル候補に挙げられるであろうドミニカ共和国、メキシコなどから違反者が出る可能性は否定できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る