• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2020年東京五輪は野球選手から禁止薬物違反が続出する?

 20年東京五輪で追加種目としての採用が有力視される野球に、世界反ドーピング機関(WADA)が重大な関心を寄せているという。

 言うまでもなく、選手から禁止薬物違反者が続出しかねないからだ。何しろ米国球界は薬物汚染がひどい。レギュラーシーズン中はメジャー、マイナーも含めてドーピング違反のニュースが絶えない。

 大リーグ機構(MLB)は米国反ドーピング機関から独立した検査機関を設けるなど、自前で対策を取っている。MLBの禁止薬物規定はWADAに準拠しており、検査は厳格なことで知られる半面、抜け道もあり、禁止物質の使用を隠蔽する薬物が開発されるなど、「イタチごっこ」の状態だ。

 仮に野球が東京五輪の追加種目に選定されても、MLBは現役メジャーリーガーを派遣しない方針を打ち出している。各国ともマイナーリーガー主体でチーム編成される見込みだ。中南米出身のマイナーリーガーには、ヤバい薬を使ってでもメジャーでの成功を夢見る選手がゴマンといる。五輪に出場すれば、メダル候補に挙げられるであろうドミニカ共和国、メキシコなどから違反者が出る可能性は否定できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る