2020年東京五輪は野球選手から禁止薬物違反が続出する?

公開日:  更新日:

 20年東京五輪で追加種目としての採用が有力視される野球に、世界反ドーピング機関(WADA)が重大な関心を寄せているという。

 言うまでもなく、選手から禁止薬物違反者が続出しかねないからだ。何しろ米国球界は薬物汚染がひどい。レギュラーシーズン中はメジャー、マイナーも含めてドーピング違反のニュースが絶えない。

 大リーグ機構(MLB)は米国反ドーピング機関から独立した検査機関を設けるなど、自前で対策を取っている。MLBの禁止薬物規定はWADAに準拠しており、検査は厳格なことで知られる半面、抜け道もあり、禁止物質の使用を隠蔽する薬物が開発されるなど、「イタチごっこ」の状態だ。

 仮に野球が東京五輪の追加種目に選定されても、MLBは現役メジャーリーガーを派遣しない方針を打ち出している。各国ともマイナーリーガー主体でチーム編成される見込みだ。中南米出身のマイナーリーガーには、ヤバい薬を使ってでもメジャーでの成功を夢見る選手がゴマンといる。五輪に出場すれば、メダル候補に挙げられるであろうドミニカ共和国、メキシコなどから違反者が出る可能性は否定できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る