五輪で神宮追われるヤクルト本拠に「東京ドーム」急浮上

公開日:  更新日:

 12日、今季初の地上波中継で巨人に6-2で快勝し最下位脱出を果たしたヤクルトだが、江幡球団常務は同日、渋い表情でこう言った。

「4月以外は使えないというのは、非常に難しい提案です」

 東京五輪組織委員会が20年5月1日から11月末まで使用中止を求めた神宮球場は、高校、大学を含めると、年間で90%以上という日本一の稼働率を誇る球場だ。それを五輪のために資材置き場、ボランティアの待機場所に使いたいというから、確かにむちゃな要求だ。

「神宮はメーン会場となる新国立に隣接し、満員なら3万人以上が入る。だから五輪期間中にプロ野球を開催するのは導線確保などセキュリティーの問題などで支障が出るようだ。五輪開催の数週間だけ神宮が使えないというのは、ヤクルトも想定内だったと思うが、5月から使用中止となれば、4月の1カ月しか使えない。球団は経営面で大打撃を被る。シーズンシート(バックネット裏のスターシートで1席32万4000円)は売れないし、球場の看板広告にも影響が出る。東京には、プロ野球開催基準に耐えうるだけの観客を入れられる球場はない。松山、草薙といった地方球場を使用するにしても、招待する対戦球団の交通費、宿泊費などを肩代わりしないといけないから大変でしょう」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る