• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

札幌ドームの「ファウルボール訴訟」 メジャーではどうなる?

 先日、5年前に札幌ドームで観戦中、ファウルボールが右目に当たって失明した30代の女性が安全対策が不十分だったとして日本ハムなどを相手取って損害賠償を求めていた民事訴訟の判決が札幌地裁であった。原告の訴えが認められ球団など被告3者に4190万円の支払いが命じられた。被告側はこれを不服とし控訴して徹底的に争う構えだ。こうしたケースは米国でも起きているのだろうか?

■ファウルボール

 米国でも球場で観戦中のファンがファウルボールで失明、あるいは頭蓋骨陥没などの大ケガを負い球団と球場を相手取って損害賠償訴訟を起こすケースは毎年のように起きている。

 しかし球団が訴えられたケースでは、すべて門前払い扱いで棄却されている。これは球団がチケットに、打撃練習や試合観戦中はファウルボールが飛んでくるので、注意するよう警告文を刷り込んで責任の回避をしており、それ以上に米国では「野球観戦ではファウルボールが飛んでくるのは当たり前でケガのリスクに関しては自己責任」というルールが根付いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る