札幌ドームの「ファウルボール訴訟」 メジャーではどうなる?

公開日: 更新日:

 先日、5年前に札幌ドームで観戦中、ファウルボールが右目に当たって失明した30代の女性が安全対策が不十分だったとして日本ハムなどを相手取って損害賠償を求めていた民事訴訟の判決が札幌地裁であった。原告の訴えが認められ球団など被告3者に4190万円の支払いが命じられた。被告側はこれを不服とし控訴して徹底的に争う構えだ。こうしたケースは米国でも起きているのだろうか?

■ファウルボール

 米国でも球場で観戦中のファンがファウルボールで失明、あるいは頭蓋骨陥没などの大ケガを負い球団と球場を相手取って損害賠償訴訟を起こすケースは毎年のように起きている。

 しかし球団が訴えられたケースでは、すべて門前払い扱いで棄却されている。これは球団がチケットに、打撃練習や試合観戦中はファウルボールが飛んでくるので、注意するよう警告文を刷り込んで責任の回避をしており、それ以上に米国では「野球観戦ではファウルボールが飛んでくるのは当たり前でケガのリスクに関しては自己責任」というルールが根付いているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る