球宴投票セ捕手1位浮上も…阪神・原口の出場に“内なる敵”

公開日: 更新日:

 6日の球宴ファン投票中間発表で、阪神の原口文仁(24)がヤクルトの中村を抜いてセ捕手部門で1位に躍り出た。

 ここまで32試合に出場して打率.343、5本塁打。正捕手の座を手中に収めつつある原口は、4月27日に育成選手から支配下登録されたばかりで、ファン投票用紙のマークシートに名前が記載されていない。にもかかわらず、異例の大躍進である。この日の中間発表で阪神からトップに立ったのは、原口ひとり。育成から支配下登録された年に球宴出場した例は過去にないだけに、阪神ファンもさぞ盛り上がっていると思いきや、ことファン投票に関してはも実はシビアだ。

 ここ2年の球宴にファン投票で選出された阪神選手は鳥谷ひとりだけ。万年Bクラスで暗黒時代と言われた90年代には、「ゼロ」という年が3度もあった。4位に終わった09年の真弓監督時代、最下位に沈んだ01年の野村監督時代にも同様にファン投票ではひとりも球宴に送らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る