• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球宴投票セ捕手1位浮上も…阪神・原口の出場に“内なる敵”

 6日の球宴ファン投票中間発表で、阪神の原口文仁(24)がヤクルトの中村を抜いてセ捕手部門で1位に躍り出た。

 ここまで32試合に出場して打率.343、5本塁打。正捕手の座を手中に収めつつある原口は、4月27日に育成選手から支配下登録されたばかりで、ファン投票用紙のマークシートに名前が記載されていない。にもかかわらず、異例の大躍進である。この日の中間発表で阪神からトップに立ったのは、原口ひとり。育成から支配下登録された年に球宴出場した例は過去にないだけに、阪神ファンもさぞ盛り上がっていると思いきや、ことファン投票に関してはも実はシビアだ。

 ここ2年の球宴にファン投票で選出された阪神選手は鳥谷ひとりだけ。万年Bクラスで暗黒時代と言われた90年代には、「ゼロ」という年が3度もあった。4位に終わった09年の真弓監督時代、最下位に沈んだ01年の野村監督時代にも同様にファン投票ではひとりも球宴に送らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る