試合勝利も若手起用激減…阪神“育成対決”では楽天に後塵

公開日: 更新日:

 阪神の藤浪が1安打完封勝利を挙げた2日の楽天―阪神戦は、「育成対決」でもあった。

 楽天は試合前の時点で、首位ソフトバンクから16ゲーム差の最下位に沈んでいることもあってか、この日のスタメンはレギュラーの松井稼(40)、ウィーラー(29)らが外れて全員が20代。9番オコエ(18=関東一高)ら4人が新人だった。投手も、高卒2年目のドラ1右腕・安楽が九回から4番手で登板した。

 若手育成は、「超変革」のスローガンを掲げる阪神の金本監督にとっても重要課題。だが、この日のチルドレンのスタメン起用は高山、原口の2人だけだった。一軍復帰した西岡を2番DHでスタメン起用すると、福留、ゴメスに加え、1番には鳥谷。この日の勝利で27勝26敗3分けの3位となった阪神は、人気球団ゆえに勝つことも求められる。とはいえ、それでも一時はチルドレンばかりを並べていた。ここ最近はそれも減りつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る