巨人に初完投初完封 阪神・岩貞祐太こそ“超変革”の申し子

公開日:  更新日:

 まさか、まさかの完封劇だった。

 阪神の岩貞祐太(24)が27日の巨人戦に登板。9回3安打無失点でプロ初完投を初完封で飾り、今季4勝目(2敗)を挙げた。巨人は5連敗中だったが、先発は防御率トップの菅野だ。両軍とも打撃が低調のため、1、2点勝負になることは想像できても、こんな終幕になると、誰が予想しただろう。

 これで岩貞の防御率も0.88(リーグ2位)となり、奪三振も最多の菅野に3差(70個)の同2位。プロ通算2勝だった3年目左腕の大化けをライバル球団のスコアラーはこう見ている。

「今年は上体と下半身のバランスがよくなり、軸が安定しているので踏み出した右足に体重がしっかり乗り制球がよくなった。胸を張り、遅れて出てくる腕もよく振れている。球威もキレも増した。ストレートが走りチェンジアップが生きるので三振も取れる。パの打者も対戦経験がないので、交流戦でもいい投球をするのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る