早くも3失策…虎ドラ1高山は拙守克服が新人王への課題

公開日: 更新日:

「守備とバントのところがすべてです」

 こう言って肩を落としたのは、阪神「ドラ1」の高山俊(23)だ。

 5日の西武戦でミスを連発した。三回、秋山の打球を後逸して単打を三塁打にすると、八回の打席では送りバント失敗。金本監督は「レギュラーとして信頼ある選手になるには、こういうプレーを絶対にやらないこと」と、厳しく指摘した。

 新人ながらも開幕スタメンに抜擢され、ここまで57試合に出場、打率・265、2本塁打、23打点と一定の結果を残し、ここ数試合は中軸を任されるまでになった。卓越したバットコントロールは、プロでも十分に通用することを証明している。

 一方で、守備では外野手にもかかわらず早くも3失策。時に打球判断を誤ってフライを捕り損ねることがあるし、決して肩が強いわけでもない。ライバル球団の選手からは、「高山の守備は隙が多い。走者二塁で打者が左翼へ安打した時は、積極的に本塁を狙うように意識している」との声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る