• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早くも3失策…虎ドラ1高山は拙守克服が新人王への課題

「守備とバントのところがすべてです」

 こう言って肩を落としたのは、阪神「ドラ1」の高山俊(23)だ。

 5日の西武戦でミスを連発した。三回、秋山の打球を後逸して単打を三塁打にすると、八回の打席では送りバント失敗。金本監督は「レギュラーとして信頼ある選手になるには、こういうプレーを絶対にやらないこと」と、厳しく指摘した。

 新人ながらも開幕スタメンに抜擢され、ここまで57試合に出場、打率・265、2本塁打、23打点と一定の結果を残し、ここ数試合は中軸を任されるまでになった。卓越したバットコントロールは、プロでも十分に通用することを証明している。

 一方で、守備では外野手にもかかわらず早くも3失策。時に打球判断を誤ってフライを捕り損ねることがあるし、決して肩が強いわけでもない。ライバル球団の選手からは、「高山の守備は隙が多い。走者二塁で打者が左翼へ安打した時は、積極的に本塁を狙うように意識している」との声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る