• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また大抜擢 虎原口がユニ間に合わず「背番号82」で初安打

「超」がつく大抜擢だ。27日、支配下登録された阪神の原口文仁(24)がいきなり一軍初出場、初安打を放った。背番号は124番から94番に変更されたが、ユニホームの到着が間に合わず、五回に山田二軍コーチの背番号「82」のユニホームを着て代打で登場。そのままマスクをかぶり、八回に左前打を放った。

 09年ドラフト6位で入団した原口は、腰痛に悩まされて13年から育成に。キャンプは二軍スタートだったが、打撃を評価されて終盤に一軍に合流。金本監督の打撃指導を受けた。二軍では打率.298、3本塁打、8打点と結果を残していた。

 この日は原口に限らず、江越、横田、陽川、北條、板山の若手が出場。まるで鳴尾浜の二軍戦のようだった。近年は若手の伸び悩みに不満を募らせていた虎ファンも、多少は留飲を下げたかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る