ポーランド相手にイライラ…独レーウ監督がまた“悪癖”

公開日:  更新日:

 14年ブラジルW杯を制したドイツ。しかし、W杯後に主将MFラームやFWクローゼといったベテラン勢の代表引退に加え、レーウ監督が導入した「4DFをベースに3DFを使い分ける」にも手間取り、フランスで開催されている欧州選手権(ユーロ)では、絶対的な優勝候補として評価されているわけではない。

 そのドイツは日本時間17日にポーランドと対戦(午前4時キックオフ)して「ボール保持率63%」「シュート15本(枠内3本)・ポーランド7本(枠内0本)」「パス本数518本(成功率88%)・ポーランド178本(成功率73%)」と試合内容で圧倒しながらスコアレスドロー。ブラジルW杯後の停滞感を印象付けた。ところが――。

 確実に進化した「モノ」があった。レーウ監督の悪癖が“レベルアップ”していたのだ。

「56歳にしては若々しくてイケメン指揮官として女性人気も絶大なレーウ監督ですが、試合中に集中力が増すと我を忘れてしまい、ブラジルW杯ではほじった鼻クソを丸めて食べてしまったり、脇の下に入れた手を嗅いでみたり、恥ずかしい癖が話題になった。そして今回のユーロです。ベンチ前に立って指示を送ったと思ったら、やおら股間に手を突っ込んでモソモソした後、ベンチに戻ってからクンクンと嗅いでいる姿がテレビに映し出され、そんなに股間の臭いが好きなのか――と物議を醸している」(現地マスコミ関係者)

 ドイツは次戦で北アイルランドと対戦。そこでレーウ監督は、さらに進化した姿を見せてくれるのだろうか? キックオフは22日午前1時だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る