• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イタリアがベルギー撃破で底力 “史上最弱”の前評判を覆す

「タレント不足から史上最弱チームといわれて前評判は最悪でしたが、イタリアの底力をまざまざと見せつけられました」

 こう話すのは、フランスで開催されている欧州選手権(ユーロ)現地取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏だ。

 グループリーグE組のイタリアとベルギーとの一戦(日本時間14日午前4時開始)は、充実した戦力でFIFAランク2位のベルギーが、同12位の格下イタリアを蹴散らす――。これが戦前の大方の予想だった。ところが、勝利を手にしたのはイタリアの方だった。

 前出の元川氏が「強固な守備はきちんとオーガナイズされ、加えて個々の選手の献身的なプレーが勝利を呼び込んだ」と前置きしてこう続ける。

「GKブッフォン、3DFのボヌッチ、キエッリーニ、バルザーリはユベントスのチームメート同士。彼らを中心に守備は組織化され、攻撃力が持ち味のベルギーを無失点に抑えた。攻撃系の選手も、相手ボールの際には自陣ペナルティーエリア内まで戻り、体を張って守備に奔走する姿が印象的でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る