イタリアがベルギー撃破で底力 “史上最弱”の前評判を覆す

公開日: 更新日:

「タレント不足から史上最弱チームといわれて前評判は最悪でしたが、イタリアの底力をまざまざと見せつけられました」

 こう話すのは、フランスで開催されている欧州選手権(ユーロ)現地取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏だ。

 グループリーグE組のイタリアとベルギーとの一戦(日本時間14日午前4時開始)は、充実した戦力でFIFAランク2位のベルギーが、同12位の格下イタリアを蹴散らす――。これが戦前の大方の予想だった。ところが、勝利を手にしたのはイタリアの方だった。

 前出の元川氏が「強固な守備はきちんとオーガナイズされ、加えて個々の選手の献身的なプレーが勝利を呼び込んだ」と前置きしてこう続ける。

「GKブッフォン、3DFのボヌッチ、キエッリーニ、バルザーリはユベントスのチームメート同士。彼らを中心に守備は組織化され、攻撃力が持ち味のベルギーを無失点に抑えた。攻撃系の選手も、相手ボールの際には自陣ペナルティーエリア内まで戻り、体を張って守備に奔走する姿が印象的でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  5. 5

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  6. 6

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    渋野日向子のスイング改造は不安材料ばかり(菅野徳雄)

もっと見る