• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アイスランド戦不発…C・ロナウドがタトゥー入れない理由

 ポルトガルの中心選手は、欧州CLで4度の得点王に輝き、年収が90億円を超えるFWクリスティアーノ・ロナウドだ。

 対するアイスランドにビッグネームは皆無。そもそも人口が約33万人で東京都の23区になぞらえると、約33万5000人の北区と同程度。まるでロナウドに“北区選抜チーム”が挑むようなものだが、フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)の試合(日本時間15日午前4時キックオフ)結果には、実力差がまったく反映されなかった。

 ボール支配率はポルトガルの66%。シュート数はポルトガルの27本(枠内10本)・アイスランド4本(枠内4本)。数字からも分かるようにワンサイドゲームだった。しかし、終わってみれば想定外の同点決着である。

「クリスティアーノ・ロナウドは、まさかグループリーグ以降のことを考えてパワーを温存したのではないでしょうが、スリッピーなピッチ状態に手間取る場面が少なからず見られ、いつものキレを欠いて高い決定力を見せつけることができなかった」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る