決勝T一番乗りも…絶対的CF不在のフランス3度目Vへ道険し

公開日:  更新日:

 フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)でホスト国が面目を施した。 地元のフランスがアルバニアとの試合(日本時間16日午前4時キックオフ)をモノにし、決勝トーナメント進出一番乗りを決めたのである。

 もっとも、試合自体は格下アルバニアの大健闘が目立った。特に前半のフランスは「決定機は皆無。得点の予感はアルバニアの方に漂い、前半が終わった瞬間、スタジアムから耳をつんざくような大ブーイングが湧き起こりました。もちろんフランス選手の不甲斐ないプレーにです」(現地で取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏)。

 フランスのデシャン監督は、後半から主力組のMFポグバを、同23分にFWグリエスマンを投入した。初戦に先発した2人がピッチに入ると戦況が変わり、フランスが怒涛の攻めを見せる。アルバニアの粘り強い守備にてこずったが、最終盤にグリエスマンとFWペイェがゴールを決め、これでフランスは2連勝。勝ち点を6に伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る