日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

決勝T一番乗りも…絶対的CF不在のフランス3度目Vへ道険し

 フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)でホスト国が面目を施した。 地元のフランスがアルバニアとの試合(日本時間16日午前4時キックオフ)をモノにし、決勝トーナメント進出一番乗りを決めたのである。

 もっとも、試合自体は格下アルバニアの大健闘が目立った。特に前半のフランスは「決定機は皆無。得点の予感はアルバニアの方に漂い、前半が終わった瞬間、スタジアムから耳をつんざくような大ブーイングが湧き起こりました。もちろんフランス選手の不甲斐ないプレーにです」(現地で取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏)。

 フランスのデシャン監督は、後半から主力組のMFポグバを、同23分にFWグリエスマンを投入した。初戦に先発した2人がピッチに入ると戦況が変わり、フランスが怒涛の攻めを見せる。アルバニアの粘り強い守備にてこずったが、最終盤にグリエスマンとFWペイェがゴールを決め、これでフランスは2連勝。勝ち点を6に伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事