決勝T一番乗りも…絶対的CF不在のフランス3度目Vへ道険し

公開日: 更新日:

 フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)でホスト国が面目を施した。 地元のフランスがアルバニアとの試合(日本時間16日午前4時キックオフ)をモノにし、決勝トーナメント進出一番乗りを決めたのである。

 もっとも、試合自体は格下アルバニアの大健闘が目立った。特に前半のフランスは「決定機は皆無。得点の予感はアルバニアの方に漂い、前半が終わった瞬間、スタジアムから耳をつんざくような大ブーイングが湧き起こりました。もちろんフランス選手の不甲斐ないプレーにです」(現地で取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏)。

 フランスのデシャン監督は、後半から主力組のMFポグバを、同23分にFWグリエスマンを投入した。初戦に先発した2人がピッチに入ると戦況が変わり、フランスが怒涛の攻めを見せる。アルバニアの粘り強い守備にてこずったが、最終盤にグリエスマンとFWペイェがゴールを決め、これでフランスは2連勝。勝ち点を6に伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る