• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初日サスペンデッドも…松山「2日目36H」はむしろ好材料

【全米オープン 初日】

 大会初日は雷雲の接近により、競技は3度の中断を余儀なくされた。現地時間16日13時36分(日本時間17日2時36分)スタート予定の松山英樹(24)は、同組のセルヒオ・ガルシア(スペイン)、ダスティン・ジョンソン(米国)とともに待たされ続け、2度目の再開直後にはパッティンググリーンにいたが、天候の回復が見込めず、16時30分すぎにサスペンデッドが決定。第1ラウンドは翌日へ持ち越しとなった。谷口徹もスタートできなかった。この日ホールアウトした選手はわずか3組9人だった。

 会場のオークモントCCは、ピッツバーグの鉄鋼王ヘンリー・フォーンズが1904年に開場。オープン当初から硬くて速いグリーンが名物だ。前回大会(07年)の優勝スコアはA・カブレラの通算5オーバー。トッププロでも80近いスコアをたたく世界屈指の難コースは、日替わりでその表情を変える。この日は前日の大雨でグリーンがソフトになったが、雨がやんで1、2時間もすれば、グリーンは本来の硬さ、速さに戻るといわれている。18ホールをプレーできずに翌日に異なる状態のグリーンで残るホールを消化するより、大会2日目に36ホールプレーは体力的にはきつくなるが、全ホール同じコンディションで回る方がプラスといえる。スタートできなかった松山や谷口にツキがあるとみていい。

 世界ランク15位の松山は13年から4年連続4回目の出場。13年の10位がベストフィニッシュだ。今回は「行ったとこ勝負」というが、ニクラスが「米国で最も難しい」というオークモントとの闘いは、間違いなく厳しいものとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る