暫定27位Tの池田勇太 全米OPでも“ビッグマウス”炸裂か?

公開日:  更新日:

【全米オープン】

 8組目イン発進の池田勇太(30)は1ホールを残して1バーディー、4ボギーの3オーバー27位(暫定)につけている。

 超難設定で知られる全米オープンだが、その中でも今年はコースレート「77・8」と、大会史上まれにみる難しさだ。

 池田といえば、一昨年の日本オープンで10アンダーのスコアで優勝。前年までは優勝スコアがイーブンパー前後だったが、やさしい設定で好スコアが出たものだからこんなことを言っていた。

「フェアでいい技術が出るセッティングだと思った。(例年は)ナイスショットしたのにピンに寄らない。フェアウエーをちょっと外してラフに入れば、何も考えずにサンドウエッジを持ってハイ、出しましょう。これではアマチュアと一緒だよ。プロの技量を出させるための、心をくすぐるような設定をしてくれた。これが正しいナショナルオープン」

 世界最高峰のオープン競技で今度はどんなコメントが飛び出すか、楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る