暫定27位Tの池田勇太 全米OPでも“ビッグマウス”炸裂か?

公開日:  更新日:

【全米オープン】

 8組目イン発進の池田勇太(30)は1ホールを残して1バーディー、4ボギーの3オーバー27位(暫定)につけている。

 超難設定で知られる全米オープンだが、その中でも今年はコースレート「77・8」と、大会史上まれにみる難しさだ。

 池田といえば、一昨年の日本オープンで10アンダーのスコアで優勝。前年までは優勝スコアがイーブンパー前後だったが、やさしい設定で好スコアが出たものだからこんなことを言っていた。

「フェアでいい技術が出るセッティングだと思った。(例年は)ナイスショットしたのにピンに寄らない。フェアウエーをちょっと外してラフに入れば、何も考えずにサンドウエッジを持ってハイ、出しましょう。これではアマチュアと一緒だよ。プロの技量を出させるための、心をくすぐるような設定をしてくれた。これが正しいナショナルオープン」

 世界最高峰のオープン競技で今度はどんなコメントが飛び出すか、楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る