• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初日は雨にもたたられ…全米OP“3つの直前変更”に選手混乱

 主催の全米ゴルフ協会(USGA)は硬くてオーガスタ並みの高速グリーンに仕上げたはずだが、初日はバックスピンがかかりグリーンからこぼれ出てしまうシーンが何度かあった。

 すべては雨のせいだが、もとはといえばコースセッティングのやりすぎが問題だったのかもしれない。

 公式発表では14フィートに設定するグリーンスピードは、練習ラウンド時点ですでに16フィート前後もあった。スピードを遅くするためにグリーンに水をまいたとも伝えられている。それが大会初日の雨天で12~13フィートまで遅くなっていたようだ。

 毎日、グリーン表面下の湿度を計測し、芝が生き残るぎりぎりまでの硬さにしていた。そのため練習ではバックスピンがかからなかった。グリーンをとらえたボールが奥にオーバーすることはあっても、花道まで戻ってくることはなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る