ソフトB“先手必勝” バンデン早期契約にメジャー地団駄

公開日: 更新日:

 常勝球団が、早くも来季の補強に着手した。

 ソフトバンクは21日、助っ人のバンデンハーク(31)の契約を延長。来季から3年総額12億円プラス出来高契約で合意した。

 バンデンハークは現在、右肩の疲労で5月31日の中日戦を最後にチームを離脱。それでもわずか2カ月強で6勝1敗、防御率3.41の成績を残している。年俸1億5000万円の2年契約が今年で満了することもあり、争奪戦になる前に先手を打った形だ。

 当の本人は「17年からの3年間も引き続きホークスの一員となれることを、非常に光栄に思うとともに感謝の気持ちでいっぱいです」と球団を通じてコメント。これに歯ぎしりをしているのは国内球団だけではない。メジャー球団も地団駄を踏んでいるという。

「昨季9勝無敗と活躍したバンデンハークには、メジャーも注目していたからね。安定感のある投球に加え、何より評価されていたのは制球力。昨季は93イニングで22四球。今季は66イニングで13四球しか出していない。もともとバンデンハークはメジャー復帰を希望していたという。そこで数球団が『契約が切れる今季こそは』と本格的な調査に乗り出していた。その矢先に契約延長をしたものだから、『やられた』と悔しがっているスカウトは1人や2人じゃない」(代理人関係者)

 資金力が豊富なソフトバンクといえど、米国復帰をタテにされたら弱い。だからこそ、メジャー球団が接触できないシーズン中の間隙を狙って契約延長にこぎつけたのだろう。

 もはや国内に敵なしのソフトバンク。選手補強でもライバルになり得るのはメジャー球団だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る