• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パの伏兵メッタ打ち 交流戦打率20傑にセわずか4人の衝撃

 12年目を迎えた交流戦はまたも、パ・リーグが圧倒した。20日の2試合が残っているとはいえ、すでにパの勝ち越しが決定。セ・リーグは7年連続、通算11度目の負け越しである。19日の阪神戦に勝ったソフトバンクが「最高勝率チーム」に決まって、“優勝チーム”もこれで10度がパ球団からの輩出となった。

 交流戦のたびに両者のレベルの差が露呈する結果になっているのだが、今年はそれがより鮮明になった。いかに、セのレベルが低いか。例えば、今回の交流戦の「打撃成績20傑」である。

 打率トップはソフトバンク城所の.415。ここからズラリとパの野手の名前が並び、セで20傑に入っているのは3位の広島鈴木、5位の巨人長野、16位のDeNA筒香、19位のヤクルト山田のたった4人というありさまだ。しかも、上位に名を連ねているパの選手の名前がまた、セ関係者のショックに拍車をかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る