パの伏兵メッタ打ち 交流戦打率20傑にセわずか4人の衝撃

公開日:  更新日:

 12年目を迎えた交流戦はまたも、パ・リーグが圧倒した。20日の2試合が残っているとはいえ、すでにパの勝ち越しが決定。セ・リーグは7年連続、通算11度目の負け越しである。19日の阪神戦に勝ったソフトバンクが「最高勝率チーム」に決まって、“優勝チーム”もこれで10度がパ球団からの輩出となった。

 交流戦のたびに両者のレベルの差が露呈する結果になっているのだが、今年はそれがより鮮明になった。いかに、セのレベルが低いか。例えば、今回の交流戦の「打撃成績20傑」である。

 打率トップはソフトバンク城所の.415。ここからズラリとパの野手の名前が並び、セで20傑に入っているのは3位の広島鈴木、5位の巨人長野、16位のDeNA筒香、19位のヤクルト山田のたった4人というありさまだ。しかも、上位に名を連ねているパの選手の名前がまた、セ関係者のショックに拍車をかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る