交流戦で打撃絶好調 ソフトB城所を変えた工藤監督の言葉

公開日: 更新日:

 かつて「伏兵」だった姿はない。

 交流戦に入ってからバットが止まらないのが、ソフトバンクの城所龍磨(30)だ。16日のヤクルト戦でも2安打2打点、1本塁打。38試合88打席で打率.375、5本塁打、14打点と大活躍している。12日の巨人戦では2打席連続ホームランを放ち、「驚きました」と言う工藤監督の丸い目をさらに丸くさせた。

 03年ドラフト2位でホークスに入団するも、主な役割は代走か外野の守備固め。最多出場は11年の108試合だが、わずか30打席。昨季までのプロ11年で、ホームランはたったの1本だった。

 それが今や「打」の選手として2番に定着。藤井チーフ打撃コーチは「ボールをしっかり呼び込んで、相手投手のスピード感をなくして打てるようになった」と話すが、心境の変化も大きかったという。城所がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る