交流戦で打撃絶好調 ソフトB城所を変えた工藤監督の言葉

公開日:  更新日:

 かつて「伏兵」だった姿はない。

 交流戦に入ってからバットが止まらないのが、ソフトバンクの城所龍磨(30)だ。16日のヤクルト戦でも2安打2打点、1本塁打。38試合88打席で打率.375、5本塁打、14打点と大活躍している。12日の巨人戦では2打席連続ホームランを放ち、「驚きました」と言う工藤監督の丸い目をさらに丸くさせた。

 03年ドラフト2位でホークスに入団するも、主な役割は代走か外野の守備固め。最多出場は11年の108試合だが、わずか30打席。昨季までのプロ11年で、ホームランはたったの1本だった。

 それが今や「打」の選手として2番に定着。藤井チーフ打撃コーチは「ボールをしっかり呼び込んで、相手投手のスピード感をなくして打てるようになった」と話すが、心境の変化も大きかったという。城所がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る