• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

交流戦で打撃絶好調 ソフトB城所を変えた工藤監督の言葉

 かつて「伏兵」だった姿はない。

 交流戦に入ってからバットが止まらないのが、ソフトバンクの城所龍磨(30)だ。16日のヤクルト戦でも2安打2打点、1本塁打。38試合88打席で打率.375、5本塁打、14打点と大活躍している。12日の巨人戦では2打席連続ホームランを放ち、「驚きました」と言う工藤監督の丸い目をさらに丸くさせた。

 03年ドラフト2位でホークスに入団するも、主な役割は代走か外野の守備固め。最多出場は11年の108試合だが、わずか30打席。昨季までのプロ11年で、ホームランはたったの1本だった。

 それが今や「打」の選手として2番に定着。藤井チーフ打撃コーチは「ボールをしっかり呼び込んで、相手投手のスピード感をなくして打てるようになった」と話すが、心境の変化も大きかったという。城所がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る