• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打率4割超で交流戦MVP獲得 ソフトB“春の城所”ついに卒業

 もう「春の風物詩」なんて言わせない。

 交流戦MVPを獲得したのが、ソフトバンクの城所龍磨(30)だ。交流戦(15試合)に限れば、打率.415は12球団トップ。5本塁打、12打点、6盗塁と多岐にわたる活躍を見せた。巨人戦では2打席連続本塁打、19日の阪神戦ではプロ13年目にして自身初の満塁弾を放っている。

 岐阜県の中京高校から、03年ドラフト2巡目でダイエー(現ソフトバンク)入り。当時から守備・走塁のスペシャリストという位置づけだった。

「春の城所、秋のCS」といえば、球団名物のひとつだった。

「昔のウチはプレーオフやCSにめっぽう弱かった。シーズン1位だった04、05、10年を含め、過去10回ポストシーズンに出場しながら、日本シリーズ出場はわずか3回。うち2回は昨季と14年ですからね。一方の城所はキャンプ中の練習試合やオープン戦では不思議と打つのに、開幕するや失速。結局、守備固めや代走に落ち着くというパターンだった。性格は非常にマジメ。『センスだけで野球をやっている』と言われることもあるが、人の2倍も3倍も練習する。むしろオーバーワークによるケガが多かったほどです。さらに運も悪く、一軍昇格直後やチームの危機といった時期に限ってケガが重なっていた」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る