川淵会長“独裁”に反旗まで バスケ協会に燻ぶる新たな火種

公開日:  更新日:

 日本バスケットボール協会(JBA)の川淵三郎会長(79)への批判が高まっている。

 JBAは25日に都内で評議員会を開き、川淵会長の退任と現副会長で元バレーボール全日本代表の三屋裕子氏(57)の会長就任が承認される。門外漢のサッカー出身者からバレーボール出身者に協会トップの座が移譲されることにもってきて、この新人事が内定した3月の評議員会後には川淵会長が「院政を敷きます」と堂々と宣言。名誉職ではなく発言力のある新設ポストに就任することも明らかになり、これがバスケットボール関係者の不満に油を注いだ。

 20日には、76年モントリオール五輪の男子日本代表メンバーを中心とする「一般社団法人 日本バスケットボール推進協議会」(谷口正朋会長)が都内で会見を開き、協会新体制の人事案に猛反発。日本サッカー協会専務理事時代に大きくセクハラ疑惑が報じられた田中道博氏が新たな専務理事候補になっていることに、「疑惑は晴れていない。考えられない人事」と非難した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る