エースは大学生の渡辺雄太…日本男子バスケは深刻人材難

公開日:  更新日:

「自分に期待されているのは得点とリバウンド。勝負どころでチームに貢献したい」

 23日、リオ五輪最終予選(7月4日~、セルビア・ベオグラード)に臨む男子バスケットボール日本代表に選ばれた渡辺雄太(21=米ジョージ・ワシントン大)がこう言って意気込んだ。

 203センチの長身FWは、18チームがリオの出場権を争う最終予選で日本の得点源として期待される。最年長の田臥勇太(35)が主将を務めるチームでは、最年少ながらオールラウンドなプレーをする牽引役でもある。

 大柄だが切れのあるプレーは本場米国で磨きがかかっているとはいえ、エースとしては物足りない面もある。体重89キロと線が細く、海外勢との対戦では当たり負けも珍しくないからだ。

 日本代表の長谷川健志ヘッドコーチも「今は高さだけでなくフィジカルの戦い。体重増が一番必要。パワーが付けば、(リバウンドなど)プレーも広がるのですが」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る