エースは大学生の渡辺雄太…日本男子バスケは深刻人材難

公開日: 更新日:

「自分に期待されているのは得点とリバウンド。勝負どころでチームに貢献したい」

 23日、リオ五輪最終予選(7月4日~、セルビア・ベオグラード)に臨む男子バスケットボール日本代表に選ばれた渡辺雄太(21=米ジョージ・ワシントン大)がこう言って意気込んだ。

 203センチの長身FWは、18チームがリオの出場権を争う最終予選で日本の得点源として期待される。最年長の田臥勇太(35)が主将を務めるチームでは、最年少ながらオールラウンドなプレーをする牽引役でもある。

 大柄だが切れのあるプレーは本場米国で磨きがかかっているとはいえ、エースとしては物足りない面もある。体重89キロと線が細く、海外勢との対戦では当たり負けも珍しくないからだ。

 日本代表の長谷川健志ヘッドコーチも「今は高さだけでなくフィジカルの戦い。体重増が一番必要。パワーが付けば、(リバウンドなど)プレーも広がるのですが」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る