• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エースは大学生の渡辺雄太…日本男子バスケは深刻人材難

「自分に期待されているのは得点とリバウンド。勝負どころでチームに貢献したい」

 23日、リオ五輪最終予選(7月4日~、セルビア・ベオグラード)に臨む男子バスケットボール日本代表に選ばれた渡辺雄太(21=米ジョージ・ワシントン大)がこう言って意気込んだ。

 203センチの長身FWは、18チームがリオの出場権を争う最終予選で日本の得点源として期待される。最年長の田臥勇太(35)が主将を務めるチームでは、最年少ながらオールラウンドなプレーをする牽引役でもある。

 大柄だが切れのあるプレーは本場米国で磨きがかかっているとはいえ、エースとしては物足りない面もある。体重89キロと線が細く、海外勢との対戦では当たり負けも珍しくないからだ。

 日本代表の長谷川健志ヘッドコーチも「今は高さだけでなくフィジカルの戦い。体重増が一番必要。パワーが付けば、(リバウンドなど)プレーも広がるのですが」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る