エースは大学生の渡辺雄太…日本男子バスケは深刻人材難

公開日:  更新日:

「自分に期待されているのは得点とリバウンド。勝負どころでチームに貢献したい」

 23日、リオ五輪最終予選(7月4日~、セルビア・ベオグラード)に臨む男子バスケットボール日本代表に選ばれた渡辺雄太(21=米ジョージ・ワシントン大)がこう言って意気込んだ。

 203センチの長身FWは、18チームがリオの出場権を争う最終予選で日本の得点源として期待される。最年長の田臥勇太(35)が主将を務めるチームでは、最年少ながらオールラウンドなプレーをする牽引役でもある。

 大柄だが切れのあるプレーは本場米国で磨きがかかっているとはいえ、エースとしては物足りない面もある。体重89キロと線が細く、海外勢との対戦では当たり負けも珍しくないからだ。

 日本代表の長谷川健志ヘッドコーチも「今は高さだけでなくフィジカルの戦い。体重増が一番必要。パワーが付けば、(リバウンドなど)プレーも広がるのですが」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る