35歳・田臥が合宿で際立ち…バスケ男子代表のお寒い現状

公開日: 更新日:

 4大会ぶりの五輪出場を果たした女子とは異なり、男子バスケはお先真っ暗だ。

 この日(8日)は都内で世界最終予選(7月4~9日=セルビア)に向けた合宿を公開。14日からの中国遠征、2度の合宿で最終メンバー12人に絞るとあって緊張感漂う中で行われたが、ひときわ存在感を放っていたのがベテランの田臥勇太(35)だ。

 5対5の実戦練習では縦横無尽にコート内を走り回り味方のシュートチャンスを演出。173センチと最も小柄ながら、相手のDFに隙ができれば、積極果敢にシュートを打ち込むなど、初日から精力的。シュート、パスとも精度の高さは群を抜いており、海外勢に比べてサイズで劣る日本が目指す機動力を一人で具現化しているようだった。

 ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)は5日に閉幕したばかり。選手の動きが鈍いのは仕方ないとしても、ベテランに引っ張られているようでは情けない限りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る