総額6億円の韓国も仰天…日本の五輪報奨金“大盤振る舞い”

公開日: 更新日:

 代表選手にとっては朗報だ。

 日本オリンピック委員会(JOC)は7日の理事会で、「オリンピック特別賞表彰規程」を改定し、金メダルの報奨金を300万円から500万円に増額することを決めた(銀200万円、銅100万円は据え置き)。

 92年アルベールビル冬季五輪で報奨金制度が設けられて以来、初の増額となった裏には隣国事情があるともっぱらだ。

 韓国はリオ五輪のために過去最高額の69億ウォン(約6億1100万円、パラリンピック含む)の報奨金を用意。金メダル6000万ウォン(約531万円)、銀3000万ウォン(約266万円)、銅1800万ウォン(約159万円)を支給する。韓国がそうであるように、日本も韓国には強い対抗心を持っている。金メダルの「ご褒美」で大差をつけられたらJOCも格好がつかないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る