• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

総額6億円の韓国も仰天…日本の五輪報奨金“大盤振る舞い”

 代表選手にとっては朗報だ。

 日本オリンピック委員会(JOC)は7日の理事会で、「オリンピック特別賞表彰規程」を改定し、金メダルの報奨金を300万円から500万円に増額することを決めた(銀200万円、銅100万円は据え置き)。

 92年アルベールビル冬季五輪で報奨金制度が設けられて以来、初の増額となった裏には隣国事情があるともっぱらだ。

 韓国はリオ五輪のために過去最高額の69億ウォン(約6億1100万円、パラリンピック含む)の報奨金を用意。金メダル6000万ウォン(約531万円)、銀3000万ウォン(約266万円)、銅1800万ウォン(約159万円)を支給する。韓国がそうであるように、日本も韓国には強い対抗心を持っている。金メダルの「ご褒美」で大差をつけられたらJOCも格好がつかないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る