日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

総額6億円の韓国も仰天…日本の五輪報奨金“大盤振る舞い”

 代表選手にとっては朗報だ。

 日本オリンピック委員会(JOC)は7日の理事会で、「オリンピック特別賞表彰規程」を改定し、金メダルの報奨金を300万円から500万円に増額することを決めた(銀200万円、銅100万円は据え置き)。

 92年アルベールビル冬季五輪で報奨金制度が設けられて以来、初の増額となった裏には隣国事情があるともっぱらだ。

 韓国はリオ五輪のために過去最高額の69億ウォン(約6億1100万円、パラリンピック含む)の報奨金を用意。金メダル6000万ウォン(約531万円)、銀3000万ウォン(約266万円)、銅1800万ウォン(約159万円)を支給する。韓国がそうであるように、日本も韓国には強い対抗心を持っている。金メダルの「ご褒美」で大差をつけられたらJOCも格好がつかないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事