不振の4番の心境は…日ハム“中田翔抜き”で15連勝の価値

公開日: 更新日:

 チームが沸く中、主砲の心境やいかに──。

 11日にオリックスを蹴散らし、球団新記録となる15連勝を達成した日本ハム。6月19日の中日戦から勝ち始め、とうとう07年度に記録した14連勝を塗り替えた。

 その一方で、ひとりカヤの外なのが4番の中田翔(27)だ。15連勝中は50打数9安打、5打点。打率.180で、本塁打は一本も打っていない。中田の凡打で打線が途切れることも多く、役に立っていないどころか、足を引っ張っているというのが実情である。

 それにもかかわらず、チームは15連勝。際立つのは中田の不甲斐なさというよりはむしろ、4番が打たずとも快進撃を続けるチームの底力の方ではないか。

 現在の日ハムは投打に隙がない。そこに主砲が復調すれば鬼に金棒――。選手内にはそんな声もあるというから、チームが充実している証拠。中田は12年から4番に座り、14年は打点王を獲得したこともあるスラッガーだ。このままシーズン終了までくすぶっているわけにはいかないし、本人も忸怩たる思いがあるに決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る