不振の4番の心境は…日ハム“中田翔抜き”で15連勝の価値

公開日: 更新日:

 チームが沸く中、主砲の心境やいかに──。

 11日にオリックスを蹴散らし、球団新記録となる15連勝を達成した日本ハム。6月19日の中日戦から勝ち始め、とうとう07年度に記録した14連勝を塗り替えた。

 その一方で、ひとりカヤの外なのが4番の中田翔(27)だ。15連勝中は50打数9安打、5打点。打率.180で、本塁打は一本も打っていない。中田の凡打で打線が途切れることも多く、役に立っていないどころか、足を引っ張っているというのが実情である。

 それにもかかわらず、チームは15連勝。際立つのは中田の不甲斐なさというよりはむしろ、4番が打たずとも快進撃を続けるチームの底力の方ではないか。

 現在の日ハムは投打に隙がない。そこに主砲が復調すれば鬼に金棒――。選手内にはそんな声もあるというから、チームが充実している証拠。中田は12年から4番に座り、14年は打点王を獲得したこともあるスラッガーだ。このままシーズン終了までくすぶっているわけにはいかないし、本人も忸怩たる思いがあるに決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    町の皆が手話を習う理由は…2歳の女の子と友達になるため

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    100歳&89歳夫婦を手助け 心優しき若者3人の動画が急拡散

  10. 10

    広島誠也が独占激白 “丸抜き4番”の重圧と兄貴分への思い

もっと見る