代打翌日に3年ぶり欠場 ハム中田翔はプライドがズタズタ

公開日: 更新日:

 前日の得点機に代打を送っただけでも驚きなのに、28日はスタメンから外れ、最後まで出番もなかったからビックリ仰天ではないか。これまで4番を打ってきた日本ハム中田翔(27)に対する栗山監督の起用法のことだ。

 中田の欠場は左手小指付近を骨折した13年以来3年ぶり。試合前には打撃練習も行い、「できる限り準備はしていた」と本人は言う。

 代わりに4番を務めたのは陽岱鋼(29)。昨夜はその陽が先制適時打を含む2安打なら、3番に入った大谷翔平(21)も1安打1得点で勝利に貢献。日本ハムは連勝を今季最長の「6」に伸ばした。

 中田は慢性の腰痛を抱えている。その腰痛が悪化したうえに、最近10試合は38打数4安打、15三振。極度の不振に陥っていたのも事実だ。

 しかし、栗山監督と言えば、4年前、中田が巨人との日本シリーズで左手甲を骨折したにもかかわらず、4番で使い続けたほど。「4番は翔しかいない」と公言もしてきた。なのに代打どころか欠場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る