日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代打翌日に3年ぶり欠場 ハム中田翔はプライドがズタズタ

 前日の得点機に代打を送っただけでも驚きなのに、28日はスタメンから外れ、最後まで出番もなかったからビックリ仰天ではないか。これまで4番を打ってきた日本ハムの中田翔(27)に対する栗山監督の起用法のことだ。

 中田の欠場は左手小指付近を骨折した13年以来3年ぶり。試合前には打撃練習も行い、「できる限り準備はしていた」と本人は言う。

 代わりに4番を務めたのは陽岱鋼(29)。昨夜はその陽が先制適時打を含む2安打なら、3番に入った大谷翔平(21)も1安打1得点で勝利に貢献。日本ハムは連勝を今季最長の「6」に伸ばした。

 中田は慢性の腰痛を抱えている。その腰痛が悪化したうえに、最近10試合は38打数4安打、15三振。極度の不振に陥っていたのも事実だ。

 しかし、栗山監督と言えば、4年前、中田が巨人との日本シリーズで左手甲を骨折したにもかかわらず、4番で使い続けたほど。「4番は翔しかいない」と公言もしてきた。なのに代打どころか欠場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事