• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷「6番投手」起用は中田翔今オフ放出への“布石”

 新球場建設が話題になった日本ハムが、水面下でさらなる仰天構想を温めていた。

 4番打者の中田翔(27)を今オフ、放出するというのだ。

 今季年俸はチームナンバーワンの2億4500万円。全日本でも4番を打つこともある中心選手を、なぜ、出さなければならないのか。

「中田はこのまま順調にいけば、来季中にも国内FAを取得する。本人に日本ハムを出る気があるかどうかはともかく、球団内部での評価はガタ落ちだと聞いています」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

「一昨年、100打点でタイトルを獲得し、昨年は102打点。勝負強さがクローズアップされる半面、チャンスでの凡打も同じくらい多いというのが首脳陣の評価だそうです。特に今季序盤はここで4番が打てば……という場面で何度も凡退しています。本塁打にしても、この週末、最下位の楽天から3本の固め打ちでようやく8本。4番にしては物足りない数字ですからね。昨年の打率が.263で、一昨年は.269。確実性に欠けるし、2億4500万円の価値はないと判断されたのでしょう。球団は今オフ、トレードで他球団に放出するか、それとも入札制度を利用するか検討中とか。中田にはメジャー志向もあるようですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る