• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷「6番投手」起用は中田翔今オフ放出への“布石”

 新球場建設が話題になった日本ハムが、水面下でさらなる仰天構想を温めていた。

 4番打者の中田翔(27)を今オフ、放出するというのだ。

 今季年俸はチームナンバーワンの2億4500万円。全日本でも4番を打つこともある中心選手を、なぜ、出さなければならないのか。

「中田はこのまま順調にいけば、来季中にも国内FAを取得する。本人に日本ハムを出る気があるかどうかはともかく、球団内部での評価はガタ落ちだと聞いています」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

「一昨年、100打点でタイトルを獲得し、昨年は102打点。勝負強さがクローズアップされる半面、チャンスでの凡打も同じくらい多いというのが首脳陣の評価だそうです。特に今季序盤はここで4番が打てば……という場面で何度も凡退しています。本塁打にしても、この週末、最下位の楽天から3本の固め打ちでようやく8本。4番にしては物足りない数字ですからね。昨年の打率が.263で、一昨年は.269。確実性に欠けるし、2億4500万円の価値はないと判断されたのでしょう。球団は今オフ、トレードで他球団に放出するか、それとも入札制度を利用するか検討中とか。中田にはメジャー志向もあるようですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る