日ハム大谷「6番投手」起用は中田翔今オフ放出への“布石”

公開日: 更新日:

 新球場建設が話題になった日本ハムが、水面下でさらなる仰天構想を温めていた。

 4番打者の中田翔(27)を今オフ、放出するというのだ。

 今季年俸はチームナンバーワンの2億4500万円。全日本でも4番を打つこともある中心選手を、なぜ、出さなければならないのか。

「中田はこのまま順調にいけば、来季中にも国内FAを取得する。本人に日本ハムを出る気があるかどうかはともかく、球団内部での評価はガタ落ちだと聞いています」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

「一昨年、100打点でタイトルを獲得し、昨年は102打点。勝負強さがクローズアップされる半面、チャンスでの凡打も同じくらい多いというのが首脳陣の評価だそうです。特に今季序盤はここで4番が打てば……という場面で何度も凡退しています。本塁打にしても、この週末、最下位の楽天から3本の固め打ちでようやく8本。4番にしては物足りない数字ですからね。昨年の打率が.263で、一昨年は.269。確実性に欠けるし、2億4500万円の価値はないと判断されたのでしょう。球団は今オフ、トレードで他球団に放出するか、それとも入札制度を利用するか検討中とか。中田にはメジャー志向もあるようですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る