日ハム大谷「6番投手」起用は中田翔今オフ放出への“布石”

公開日: 更新日:

 新球場建設が話題になった日本ハムが、水面下でさらなる仰天構想を温めていた。

 4番打者の中田翔(27)を今オフ、放出するというのだ。

 今季年俸はチームナンバーワンの2億4500万円。全日本でも4番を打つこともある中心選手を、なぜ、出さなければならないのか。

「中田はこのまま順調にいけば、来季中にも国内FAを取得する。本人に日本ハムを出る気があるかどうかはともかく、球団内部での評価はガタ落ちだと聞いています」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

「一昨年、100打点でタイトルを獲得し、昨年は102打点。勝負強さがクローズアップされる半面、チャンスでの凡打も同じくらい多いというのが首脳陣の評価だそうです。特に今季序盤はここで4番が打てば……という場面で何度も凡退しています。本塁打にしても、この週末、最下位の楽天から3本の固め打ちでようやく8本。4番にしては物足りない数字ですからね。昨年の打率が.263で、一昨年は.269。確実性に欠けるし、2億4500万円の価値はないと判断されたのでしょう。球団は今オフ、トレードで他球団に放出するか、それとも入札制度を利用するか検討中とか。中田にはメジャー志向もあるようですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る