技あり内野安打も ハム大谷の身体はすでに“糸井・柳田級”

公開日:  更新日:

「天は二物を与えず」など、誰が言ったのか。

 5日に22歳の誕生日を迎えた日本ハムの大谷翔平が、今度は「技」でファンを魅了した。

 楽天戦の九回、西宮の投じた地面すれすれのスライダーを、体勢を崩しながらもミート。コツンと当てた打球はボテボテのゴロとなって遊撃に転がり、大谷は一塁を駆け抜けた。まるで全盛期のイチローを彷彿させる、技ありの内野安打である。

 打撃練習では球場の看板に次々とぶち当て、投げれば日本球界最速の163キロ。だからといって、パワーだけの選手ではない。逆方向にヒットを量産する巧みなバットコントロールに加え、内野安打も今季5本目。50メートル6秒3はプロ野球の水準では俊足でないにせよ、決して遅い部類ではない。

 力と技を兼ね備え、投手としても打者としても一流。球界では糸井(オリックス)や柳田(ソフトバンク)が「身体能力の化け物」と言われているが、その言葉はむしろ大谷にこそふさわしいのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る