技あり内野安打も ハム大谷の身体はすでに“糸井・柳田級”

公開日:  更新日:

「天は二物を与えず」など、誰が言ったのか。

 5日に22歳の誕生日を迎えた日本ハムの大谷翔平が、今度は「技」でファンを魅了した。

 楽天戦の九回、西宮の投じた地面すれすれのスライダーを、体勢を崩しながらもミート。コツンと当てた打球はボテボテのゴロとなって遊撃に転がり、大谷は一塁を駆け抜けた。まるで全盛期のイチローを彷彿させる、技ありの内野安打である。

 打撃練習では球場の看板に次々とぶち当て、投げれば日本球界最速の163キロ。だからといって、パワーだけの選手ではない。逆方向にヒットを量産する巧みなバットコントロールに加え、内野安打も今季5本目。50メートル6秒3はプロ野球の水準では俊足でないにせよ、決して遅い部類ではない。

 力と技を兼ね備え、投手としても打者としても一流。球界では糸井(オリックス)や柳田(ソフトバンク)が「身体能力の化け物」と言われているが、その言葉はむしろ大谷にこそふさわしいのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る