技あり内野安打も ハム大谷の身体はすでに“糸井・柳田級”

公開日: 更新日:

「天は二物を与えず」など、誰が言ったのか。

 5日に22歳の誕生日を迎えた日本ハムの大谷翔平が、今度は「技」でファンを魅了した。

 楽天戦の九回、西宮の投じた地面すれすれのスライダーを、体勢を崩しながらもミート。コツンと当てた打球はボテボテのゴロとなって遊撃に転がり、大谷は一塁を駆け抜けた。まるで全盛期のイチローを彷彿させる、技ありの内野安打である。

 打撃練習では球場の看板に次々とぶち当て、投げれば日本球界最速の163キロ。だからといって、パワーだけの選手ではない。逆方向にヒットを量産する巧みなバットコントロールに加え、内野安打も今季5本目。50メートル6秒3はプロ野球の水準では俊足でないにせよ、決して遅い部類ではない。

 力と技を兼ね備え、投手としても打者としても一流。球界では糸井(オリックス)や柳田(ソフトバンク)が「身体能力の化け物」と言われているが、その言葉はむしろ大谷にこそふさわしいのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  3. 3

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る